2014年4月アーカイブ

切手集め

使用済みの切手を集めたことはありませんか?
日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)は集まった使用済み切手などで得た資金をもとに、アジア・アフリカの国の人の健康をまもる仕事をしている公益社団法人です。

5月8日に行う宗教講演会ではJOCSの総主事、大江浩先生を講師としてお招きします。
「みんなで生きる~人々のいのちと向き合って」と題して講演されます。詳細は下記をご参照ください。


           記

2014年度第一回、第二回宗教講演会のご案内。

演題:「みんなで生きる~人々のいのちと向き合って」
講師:大江 浩 先生
公益社団法人 日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)総主事

日時:5月8日(木)
    ① 13:20~14:50
    ② 15:05~16:35
    ※①と②は同一の内容となります。

場所:日比野学舎 301教室

どなたでもご参加いただけます。
ぜひご出席ください。

相棒

靴を載せるのもちょっと...と思いつつも、オルガン演奏のためにかかせない大事な相棒のオルガンシューズを掲載します。

CIMG2637.jpg

足でも手のように演奏するオルガンは、足でペダル(足鍵盤)の感触がしっかりわかるように工夫された靴を履いて演奏しています。

普通の靴とどこが違うかというと...地面と接する靴底が皮でできているのが特徴です(かなり年期が入っちゃっているので靴底の写真は自粛します...)。靴底がゴムだといちいち引っかかって早く弾きにくいのです。かといってツルンツルンでもすべってしまいます。皮はスベリ過ぎず、ひっかからず、ちょうど良いです。大事な相棒です。

 

GWに入る直前の4月28日(月)は名古屋キャンパスチャペルで12:40~13:10にオルガンアワーを行います。

曲目は前回同様イースターの曲ですが、今度はイースターの讃美歌中心のプログラムを予定しています。相棒のオルガンシューズを履いて皆さまをお待ちしております。

4月最後のチャペルアワー

明日は4月最後のチャペルアワーが瀬戸キャンパスチャペルにて行われます。

4月25日(金)13:00~13:30
日本基督教団 碧南教会牧師の池田春善先生からメッセージをいただきます。
題は「躓きと復活と」
聖書はマルコによる福音書14章26~28節

新学期始まったばっかりだと思ったらあっという間に4月も終わりになっちゃって...早いですねー。

花、はな、hana

月曜火曜とぐずついた空模様でしたが、今日は快晴です。
スッキリとした気分になりますね。
名古屋キャンパスチャペルの周りは花盛り!!!

CIMG2624.jpg

本学のフェイスブックでも紹介されていたコデマリ

 

CIMG2635.jpg

ナンジャモンジャ

CIMG2632.jpg

コモンタイム

CIMG2633.jpg

アジサイ...かと思いきやオオデマリという花だそうです。てっきりアジサイだと思いこんでいました。これはスイカズラ科でアジサイはユキノシタ(アジサイ)科とかなんとかかんとか...。
CIMG2627.jpg

花はアジサイそっくり。

CIMG2626.jpg

アマドコロ...ナルコユリかな?

CIMG2629.jpg

これは...ナニ?と思って必死で調べた結果"カメリア・エリナ カスケード"だそうです。名前がわかってスッキリしたような...カタカナの長い名前に余計に?となったような...これは覚えられませーん。

CIMG2628.jpg

明日24日(木)のカレッジアワー、名古屋キャンパスチャペルで12:40から始まります。早めに来て待っている間にお花のチェックをしてみてくださいね。

メッセージをくださるのは法学部の國井義郎先生です。
お待ちしています。

パイプオルガンアワー2014

新入生を迎え、緑豊かな瀬戸キャンパスは若々しく清々しい空気にみちております。

4/24のオルガン演奏は、バッハなどの喜びにみちたメロディーの曲を中心に演奏されます。

お気軽にチャペルへお越しください。

演奏中の出入りは自由です。

 

瀬戸キャンパスオルガニストより

ハッピーイースター!

昨日(4月20日)がイースターということで、今朝からブログのTop画像はイースター使用に変えてみました。

top17s.jpg
ポイント1:イースターのテーマカラーの白!キリスト教の暦では典礼色といって、季節に合わせて決められたテーマカラーがあるんですよ。
ポイント2:イースターといえばヒヨコ。
ポイント3:"Happy Easter!"はかかせませんよね。

ということで、イースターおめでとうございます。
復活の主イエス・キリストの恵みがいつも皆さんのうえにありますように。

 

さてさて、4月22日(火)の名古屋キャンパスチャペルアワーでは上野教会牧師の高田恵嗣先生から「神のまなざし」と題してメッセージをいただきます。
時間は12:40~13:10です。
お待ちしています。

受難日

「キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。」
日本聖書協会 『新共同訳聖書』フィリピの信徒への手紙 2章 6~8節

jujika.jpg

本日は受難日、イエス・キリストが十字架にかけられて亡くなったことを思う日です。

鞭打たれ、十字架をかつがされて街をひきまわされ、ゴルゴタという丘で他の二人の死刑囚と一緒に十字架にかけられました。十字架刑というのは長時間の苦痛のすえに死にいたるという大変残酷な極刑だそうです。説明をきくとアクセサリーなんかで身に着けるのをためらってしまいますよ。

そして4月20日の日曜日はイエス・キリストが死から復活したことを喜ぶイースター(復活祭)です。タマゴさがしをしたりする習慣があります。

 

4月21日(月)のオルガンアワーではイースターの曲を予定しています。

12:40から名古屋キャンパスチャペルにて行います。どうぞご予定ください。

受難日になので断食(朝だけ)をしてみたところ...お昼ご飯をいっぱい食べてしまって、なにがなにやら...食べ過ぎにつき夜も断食かな...。

だからこそ

一週間はあっという間ですね。
もう金曜日の瀬戸キャンパスチャペルアワーのお知らせです。
明日4月18日(金)13時から瀬戸キャンパスチャペルアワーです。
「神の御子だからこそ」と題して華陽教会牧師の上田正昭先生にメッセージをいただきます。

チャペルニューズには讃美歌や聖書箇所が記載されているので、該当ページを開いて準備しておくといいですよ。

うららか

うららかな暖かい日ですねー。

ハックション!!!!

こんな日は花粉症がひどくて...クシャミで首をネンザしたこともあるので要注意です。スギ・ヒノキのアレルギー性鼻炎をおもちのかた、あともう少しの辛抱ですね。

4月17日(木)のカレッジアワーは商学部准教授の上田幸則先生がメッセージをくださいます。
上田先生のメッセージは麥粒No.123にも掲載されていますよ。

皆さんの出席をお待ちしています。

宗教講演会のご案内

2014年度第一回、第二回宗教講演会のご案内。

演題:「みんなで生きる~人々のいのちと向き合って」
講師:大江 浩 先生
公益社団法人 日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)総主事

日時:5月8日(木)
    ① 13:20~14:50
    ② 15:05~16:35

場所:日比野学舎 301教室

ぜひお越しください。

満開のツツジ

名古屋キャンパスチャペルではツツジが満開です。

CIMG2620.jpg_effected.png


ピンク色の花を見ると春だなーとほっこりした気持ちになりますね。

 

さて明日、4月15日(火)12:40~13:10に名古屋キャンパスチャペルでのチャペルアワーがあります。

「命をいとおしむ」と題してメッセージをくださるのは刈谷教会の平井克也牧師です。

平井先生が昨年チャペルアワーでしてくださったお話は麥粒NO.123の「平和への進化」として掲載されています。今度はどんなお話を聞けるのか楽しみです。

12時40分までにお越しください。

まちがい探し

名古屋キャンパスチャペル
2013年度バージョン

CIMG1856.jpg

2014年度バージョン

CIMG2615.jpg

2013年度と2014年度では1つ大きなちがいがあります。


さーて、どこが違うでしょう?

 






テン!

 

答えはオルガンの向きです!!!


角度にして約90度違います。

qq.jpg

見え方だけじゃなく、音の聞こえ方が変わったはず...です。

週明け月曜日にはオルガンアワーが始まります。
名古屋キャンパスチャペルにて12:40~13:10です。
オルガンの音色に耳を傾ける静かな時間です。レントの曲を予定しています。(レントについては→灰の水曜日 レントその1 ムラサキの季節 レントその2 血しおしたたる レントその3 なんで十字架に? レントその4 受難週 レントその5 洗足木曜日 レントその6 受難日 レントその7の記事をご参照ください)


曲の間の出入り自由ですので、気が向いたら入ってきてくださいね。

それでは良い週末をお過ごしください。

新入生歓迎!

瀬戸キャンパスでの新入生歓迎チャペルアワーが明日、4月11日(金)13時から行われます。
瀬戸キャンパスチャペルにはもうはいられましたか?
色々と見どころのあるチャペルですが、まず目に入るのは...

CIMG0480.jpg

このパイプオルガンではないでしょうか。
チャペルアワーの奏楽はパイプオルガンで行われているんですよ!

「ひとりになる」と題して大宮有博 商学部准教授がメッセージをくださいます。
聖書はマルコによる福音書6章30~34節です。
明日13時より、ぜひお越しください。

始まります。

チャペルアワーが始まったということは...カレッジアワーも始まるということですね!
明日4月10日(木)12:40~、名古屋キャンパスチャペルにてカレッジアワーが行われます。

チャペルアワーとちょっとだけ違うのは、本学の教職員がお話をするという点です。

お話の長さは10分程度です。

春学期のカレッジアワーは「敬神愛人」について思うことをテーマにお話していただきます。

 

明日の12:40から、ぜひおこしください。

凛として

 本学は今年創立50周年を迎えています。

建学の精神「敬神愛人」を基盤に、凛として愛知、そして日本に今日まで立ち続けてきました。50周年を記念して現在、記念棟「希(のぞみ)館」を建設中であります。また、様々な記念行事なども予定されています。将来にまさに希をもって新たに歩み出す年でありますが、一方、これまでの大学の歴史をじっくり振り返ってみる時でもあります。そんな振り返りの材料の1つをご紹介します。

瀬戸キャンパスに人知れず、凛として立ち続けている一本の杉の木のことです。

白鳥のいる池の土手の少し上に、空に突き抜けるように真っ直ぐ立っています。吉野杉(樹齢約50年)です。

sugi1.jpg

名古屋学院大学と同じころ生まれ、立ち続けてきました。この杉のそばに「大学創立20周年記念植樹/吉野杉(樹齢は大学と同年数経過)/1984年(昭和59年)3月1日」と書かれています。長い年月には、風で折れる枝もあったでしょう。しかし、折れた木や、傷は遠くから見る限り、目に入りません。全体として悠々と空に向かって三角の形をして伸びています。

sugi2.jpg

聖書にも杉の木が登場しています。

茨に代わって糸杉が
おどろに代わってミルトスが生える。
これは、主に対する記念となり、しるしとなる。
それはとこしえに消し去られることがない。
         (旧約聖書イザヤ書55章13節)

これは神の愛をほめたたえる賛歌です。
茨が生い茂るような人の心にも、神の愛が注がれるとき、安らぎと喜びが与えられるということを暗示しています。

本学は「敬神愛人」を基礎とした大学です。長い年月には様々な出来事もありましたが、神さまが愛を注いでいてくださり、凛として立つ杉のように、あたりを平和にしながら、天に向かってこれからも伸び続けてゆくことでしょう。


トナリの上司(仮名)より

2014年度チャペル行事のご案内

2014年度のチャペル行事が明日から始まります。

 

新入生歓迎チャペルアワー

4月8日(火)12:40~

名古屋キャンパスチャペル

奨励:髙見伊三男宗教部長

奨励題「愛がなければ」

聖書:コリントの信徒への手紙一 12章31節b~13章13節

 

チャペル行事については下記をご参照ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□

キリスト教主義大学である本学では、多くの学生に世界の大きな文化の源流の一つとも言えるキリスト教に少しでも触れてほしいと願い、チャペル行事を開催しています。

チャペルアワーでは本学キリスト者教職員、近隣教会牧師等により、聖書に基づいたお話がなされます。

カレッジアワーは教職員によるメッセージをお話しする時間で、どちらも一般の方のご参加が可能です。

オルガンアワー(名古屋キャンパスチャペル)、パイプオルガンアワー(瀬戸キャンパスチャペル)は讃美歌を中心にキリスト教音楽に耳を傾ける時間です。入場無料、入退場自由となっています。一般の方もご自由にご参加ください。

今年度春学期は下記のように開催します。
 

<チャペルアワー>

【名古屋キャンパス】
毎週火曜日  12:40~13:10
開催期間   4月8日~7月22日(4月29日除く)
場  所   名古屋キャンパス白鳥学舎 チャペル

【瀬戸キャンパス】
毎週金曜日  13:00~13:30
開催期間   4月11日~7月25日(5月2日除く)
場  所   瀬戸キャンパス チャペル


<カレッジアワー>

※名古屋キャンパスのみ
毎週木曜日  12:40~13:10
開催期間   4月10日~7月24日(5月1日除く)
場  所   名古屋キャンパス白鳥学舎 チャペル

<オルガンアワー>

※名古屋キャンパスのみ
毎週月曜日  12:40~13:10
開催期間   4月14日~7月28日(5月5日除く)
場  所   名古屋キャンパス白鳥学舎 チャペル

<パイプオルガンアワー>

※瀬戸キャンパスのみ
毎月第三水曜日 13:00~13:30
なお4月のみ第四水曜日開催期間   4月23日~7月16日
場  所   瀬戸キャンパス チャペル

■□■□■□■□■□■□■□■□

皆様のご出席をお待ちしています。

瀬戸と名古屋の桜

今週いっぱいで今年の桜も見納めです。
瀬戸キャンパスの桜の写真を先生が送ってくださったので、どどんと掲載します。

sakura2014seto.jpg

ついでに名古屋キャンパスの桜もどどんと掲載いたします。

sakura2014nagoya02.jpg

sakura2014nagoya01.jpg


本日はもう一件重要なお知らせがありますのでまた後程更新予定です。

春三番

今日は、突然強い風が吹いて、「ゴー、ゴー」という隙間を通りぬける音がキリスト教センターの事務室に、何度も聞こえてきた。廊下に出て、ガラス越しに外へ目をやると、木の葉やゴミが、あっちへ、こっちへと転げ回っている。

CIMG2609a.jpg

「春一番?」と思ったが、「三番目」くらいじゃないかと思いなおした。野球でいうなら三番バッター。一番いいところでボールを打つ。三番目の春風は、何を打ちに来たのだろう。桜の花だとしたら、カラ振りをしてもらいたいものだ。


聖書には風のことが聖霊にたとえられている。

風も聖霊も目には見えないが、多くの場合、人を心地よくさせてくれる。聖霊がみなさんにカラ振りしないで、確実に皆さんに当り、恵みと、平安を賜りますようにと祈りたい。

トナリの上司(仮名)より

次にしたことは

イエス・キリストの生涯をたどるシリーズの続きです。

荒れ野から戻ったイエスはガリラヤ地方で宣教をはじめました。
病人を癒したり、悪霊にとりつかれた人を助け、たくさんの人に伝道をしました。多くの人がイエスについていくようになり、イエスはその中から12人を使徒として選びました。

さて、有名になってきたイエスは弟子たちにこんなことを言い出します。

「私はこれから必ず苦しみを受けて殺される。そして3日後に復活する。」

そしてイエスは弟子たちを連れてエルサレムの街へと移動します。

 

続く

悪魔の誘惑

イエス・キリストの生涯をたどるシリーズのつづきです。

洗礼を受けたイエスは、宣教を始める前に、40日間荒れ野で断食して悪魔から誘惑をうけました。

お腹のすいたイエスに悪魔はこうささやきます...

 

「神の子なら、この石をパンにしたらどうだ。」

 

イエスは答えました

 

CIMG2535.jpg

 

↑間違えました。

そんなことは答えていませんでした...しまった今まで(珍しく)とっても真面目にやっていたのに...つい出来心で。

 

正しくは

「人はパンだけで生きるのではない。神の言葉で生きる。」

と答えました。

 

さらに悪魔はイエスを高いところに連れていって

 

「神の子なら飛び降りてみろ。」

「私を拝んだらこの世界を与えよう。」

などと誘惑してきますが、イエスはそのたびに悪魔の誘惑に勝って悪魔は去っていきました。

続く。

入学式

新入生の皆さんご入学おめでとうございます。

CIMG2527.jpg

本学はキリスト教主義大学ですので、入学式も礼拝形式で行われます。多くの方が初めての体験でとまどったことと思います。これは信者になりなさい、ということではありません。本学の創立者が「敬神愛人」を実践していく人を育てたい、そういう教育をしたいという強い気持ちを受け継いでいるからです。

新入生の皆さんの学生生活が神様に祝福されたものとなるよう心を合わせ祈る時となりました。

CIMG2528.jpg

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12