これまでと、これからと

 いよいよ来週の火曜日に創立記念日礼拝をむかえます。

名古屋学院大学は49年目、2014年には創立50周年をむかえます。 

 

本学の建学の精神、「敬神愛人」

 

「一番大切なルールはなんですか?」との質問にイエス・キリストが答えた

・あなたの神を愛しなさい

・隣人を自分のように愛しなさい 

この2つの掟よりも大切なルールはない、その言葉が敬神愛人のもとになっています。

 

私達の周りにはたくさんのルール、法律、常識などがあります。ルールを守ることは正しいことです。

でもルールを守っているだけで正しいと言い切れるでしょうか?

 

「空気読む」や「人にあわせる」のもある意味でルールですよね。仲間のなかだけのルールは、仲間じゃない人にとっては正しくないかもしれない・・・。実際世の中、正しいか間違いか白黒つけれる問題なんてほとんどありません。正しさはそれこそ人の数だけあります。自分の正しさだけを追求すると、自分は正しい、自分の正しさを認めない人は間違ってる。悪人だ。そんなふうになってしまって周りも不幸になって、本人も幸せになれない。

聖書の時代には、ルールからはずされてしまった人がいました。病気の人、子ども、女性、外国人...ルールに入れない人は差別され、おいやられていました。でも「だれかを不幸にしておいて、ルールを守っていることが正しいんですか?」そうやって、イエス様は問いかけています。

「正しいから」よりも「愛しているからこそ相手を幸せにするために」行動できるように。

周りを幸せにできるあなたになって欲しい。そんな思いが「敬神愛人」にこめられています。

 

創立を記念するこの時期、建学の精神をあらためて考える時になればな、と思います。

 

創立の歴史に関しては『名古屋学院大学読書ブログ 栞輪』にとても丁寧な解説が掲載されていますので、ぜひご覧ください。 

名古屋英和女学校の校長ミセス・クライン

 敬神愛人を育てたもの

 敬神愛人の意味

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2013年10月11日 14:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゆうわく...」です。

次のブログ記事は「祝日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12