「マンガとはルビのある漢字」である。

独自のマンガ観を持たれている、養老先生の言葉です。養老孟司先生とは、解剖学者であり、脳科学者であり、虫取りであり、文学や哲学、歴史から自然科学まで、日本人論から、日常的エッセイまで、ありとあらゆることを勘定に入れて、いろんなことをいろんなところに書きまくっておられる、おじさんです。

マンガをもっと読みなさい

untitled.bmp

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タイトル通り、先生はマンガを読めと言っています。なぜならマンガは脳に良いから。

我々が、マンガを読んでいるとき、いったい脳はどのような処理をしているのだろうか、と。

それは日本語の特徴というものを考えなくてはならない。日本語の特殊性は、外国語を考えると見えてくる。

たとえば中国語の場合、「重」という漢字の読みは、一つしか与えられていない。同じようにアルファベットでも、「D」は、「ディー」としか読まない。「dog」は、「ドッグ」としか読めない。どちらも多少方言による違いがあるが、どの方言でも読み方は一つ。

では、日本語の「重」はどうか。ご存知の通り、「重」は、じゅう、ちょう、おも、かさ、え‥‥と複数の読み方を持っている。

つまり、中国語や西洋語、というか、世界のほとんどの言語は、入力「D」に対して出力「ディー」というように、一つの入力に対し一つの出力と確定している。一方で日本語の「重」には、複数の出力をいれなくてはならない。

コンピュータをつくるとき、普通は文字の音声が入力も出力も一つでいいはずですが、日本語に対応したキーボードではソフトを変えなくてはいけない、ということです。コンピュータの処理がより複雑になる。「たいしょう」と入力して、対象、大将、対照、大勝、大正、大賞‥と色んな変換が出てくることを考えたらわかりますね。ここのところが外国人にはなかなか理解されないらしい。

要するに日本語というのは、漢字を読むときと、カナを読むときでは、別々の処理をしなくてはならない。我々が普段日本語を読んでいるとき、その複雑な処理を脳がしているのです。

そのとき脳の中を覗いてみると面白いことが分かります。漢字を読むときの脳の中の場所と、カナを読むときの脳の中の場所が違っていて、離れているのです。ということは、外国人が文字を読んでいるとき、使うのは脳の一ヶ所で済むが、日本人は二ヶ所使わなくてはならない。

脳が故障を起こしたとき言語障害が起きることあるが、その場合、カナは読めるが漢字は読めないとか、漢字は読めるがカナは読めないという症状になることがある。(両方が壊れてしまうことは少なく、あったとしたら大きな故障ということになるから、もう文字を読むどころではない。)新聞の文字を追っていっても、漢字のところだけは読める。だからなんとなく意味はわかるというように。

ディスレクシアという言語障害があります。日本ではあまり聞きなれませんが、外国では割とよくある障害です。日本人には少ないのですが、それはもしかしたら日本語の特徴に理由があるのかもしれない、と僕は思います。

そして、この日本語の構造がそのまま反映されているのが、「マンガ」というわけです。


マンガの中身をよく見てみると、マンガの中の絵が「漢字」、吹き出しの中の文字が「ルビ」という構造になっている! 「山」という漢字の起源をたどると、本当の山の形を図にしたもの。もともとは漢字は絵を文字化したものですね。忘れがちですけど。

日本語の学習でルビがふってある漢字を読んでいくことは、マンガを読んでいるのと同じ。逆にマンガを読むことが学習、とくに言語の学習になっているのではないかと思います。さらにいえば、マンガのコマ割りは、右上から左下読むように構成されているから、日本語の文章を読むときと同じ目線の動きになっています。

マンガがいまや、世界中に日本の文化として広く知らされ読まれているのは、こういう多くのものを養うことができ、そしてもちろん楽しめるからです。もはやサブカルチャーではなく、メインカルチャーといっても良い。

マンガの世界というのは、言葉だけの世界にはないものがあって、それは現実の感覚。我々に強くリアルな印象を与える絵。それは目から入る。それに加え、ギャーとかフッフッフッ、というような擬音語という耳から入る音。マンガというのは五感を使って我々を楽しませてくれるものです。一方、言葉だけの世界というのは概念の世界になる。だからその世界にばかりいると現実感覚がなくなってしまう。

マンガを読むことはこのように我々を養い、楽しませてくれるものなのです。マンガばかり読んでいるからバカになる、というのは嘘です。

 

図書館サポーター あっきー



おいしい!かわいい!

|
どもー、岡ちゃんです

あなたは、カフェを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

私は、「店内」を基準に選んでいます。
店内が、カフェっぽくオシャレでないと
「カフェに居る自分ってカッコイイ!」感がでないでしょ。

今回は、店内の様子もわかる、
東海地方の美味しくてかわいいスイーツのカフェをご紹介します!!



















撮りたいスイーツ。
思わずシェアしたくなる、フォトジェニックなスイーツたちを集めました。

かわいいもの、美味しいものが大好きな
女の子、男の子、みんなに見てもらいたい一冊です!!

(学生サポーター 岡ちゃん)

目に見えないもの☆

|
皆さん、こんにちは!
今日皆さんにオススメしたい本は

王子さまは、自分の星を出て、地理学者がいる星へと向かいました。
「それならば、地球の"探究者"に会ってみるといい」
「探究者?」
「目に見えない大切なものに光を当て、人々に分からせてくれる人たちだ。
 見た目は大人だけど、子どもの心を持っている。彼らに聞けば何か分かるかもしれない」
王子さまは、もう一度地球へ行くことにしました。探究者たちに会い、
「目に見えないけど、大切なもの」を、ともに探究するために.....

(学生サポーター  ウィニー)

「人生って何なの?」

|
こんにちは、ないとぅーです。

皆さんは今までに、貧困の国やテロが発生する国より
安心でき裕福だと感じるが、なんとなく、
人よりも劣っていると思ったことはないですか?

僕は、常にそう思ってしまい
、「どうしてあの人のほうができて、自分では出来ないのだろう」とか、
「あの人たちみたいになりたいなぁ」など世の中が不条理だと感じ、
人に嫉妬してしまうことがとても多くあります。

皆さんもそう思っていますか?

今日は、そんな自分の気持ちを少し和がせる本を紹介したいと思います。



この本は、人生に希望が持てず、ネガティブになっている主人公の奈緒が、
心理カウンセラーのヒカリによるカウンセリングによって、
自分の人生とは一体何なのかを多角度からみていき、自分を取り戻す作品です。

この本は、'自分が好きになれない人''すぐ人と比べ、人をあこがれてしまう人'奈緒となって是非読んでほしいです。
きっと、人生捨てたもんじゃない、これから少し気をつけようと思っていただけるステキな作品です。

学内頂上決戦!ビブリオバトル!!!

|

皆さんこんにちは、ないとぅーです!


今回は皆さんが気になっているであろう、

10月29日(火)ビブリオバトルの結果についてお伝えします!


まず、ビブリオバトルを知らない方のために簡単なルールを説明します。

ビブリオバトルとは、

発表者(バトラー)が、読んで面白いと思った本(1冊)を5分間で紹介し、

聴講者は、その中で一番面白そうと思った本に投票を行い、

最多票を獲得した(本)チャンプ本のバトラーがチャンプとなるゲームです。


2007年に谷口忠大教授が考案し、

今や全国でビブリオバトルが開催され、学内予選、地区予選を経て、


夢の全国大会に出場できる権利を得ることが出来ます。


そのことを踏まえた上で、今回のビブリオバトルを見ていきましょう!


さぁー!今回、夢のチケットを獲得しようと参加していただいたバトラーは、4名!!!


その出揃った本のタイトルを発表します!

(大変恐縮ですが、僕がそのバトルを聴いた時の感想を述べたいと思います。)


①『完全版 社会人大学人見知り学部卒業見込』若林 正恭著

作者は、あのオードリーの若林

彼が感じた社会の違和感について、誰もがきっと共感でき、面白そうなエッセイ本だと思いました。


②『京洛の森のアリス望月 麻衣著

主人公アリスはとんでもなく悪いことをしているけれど、

親を幼い頃になくし、大変な思いもあると同情してしまう何ともいえない世界観におそわれそうだと思いました。


③『リニア新世紀 名古屋の挑戦 奥野 信宏黒田 昌義著

この本を読みことによって現状の少しイメージが悪い名古屋ではなく、

名古屋すごすぎ!って思うようになりそうだと感じました。


④『のぞきめ』三津田 信三著

第一イメージが怖そう。

話を聴いていると、日常生活のいたるところにある隙間の話だとわかり、想像しやすくより怖そうだと感じました。

 

名古屋紹介本.jpg

 

 

 

 

 

 

 


 


バトラーの皆さんは、短そうで長いあの5分間、緊張感も漂う中で、その本に対しての想いを熱く語っていただきました。

(僕と同じ大学生とは思えません!)


名古屋チャンプ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんな強豪勢ぞろいの中で、見事!チャンプに輝き、東海地区予選に進出できた本は、


④『のぞきめ』です。


チャンプ本『のぞきめ』は、

11月24日(日)たいほうGLOUBAL LINKSにて開催される

「全国ビブリオバトル2019~首都決戦」東海地区予選で発表されます

気になる方は、学内予選を勝ち上がった方々の素晴らしいバトルを観に行ってみてください!


名古屋発表者.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このブログを読んでビブリオバトル楽しそう!と少しでも思ってくれた方、

ぜひ!次回のビブリオバトルに参加してみてください!


(学生サポーター:ないとぅー)














三匹のヒーロー

|
どうも!タッキーです。

僕が今回紹介する本は、

有川浩の三匹のおっさんです。
ossann.jpg




















この作品は2014年にテレビ東京でテレビドラマ化され、その後も2015年と2017年、スペシャル版として2018年と2019年には新春ドラマとして放送されました。

この物語は、剣道場の師範で剣道の達人の清田清一、通称「キヨ」と、元居酒屋の店主で柔道の達人立花重雄、通称「シゲ」、そして電気関係の工場を営む、前二人とは違い機械いじりの天才、頭脳派の有村則夫、通称「ノリ」

この、元悪ガキ三人組みが還暦を迎えたことで、家族や身内からはおじいちゃん扱いをされるようになる。「定年退職したぐらいでジジイ扱いされるのはごめんだ!」そう思った三人は自警団を結成。

物騒になりつつある世の中を、自分たちの得意分野や三人の団結力を駆使し、痛快に解決していく。その活躍っぷりが次第に各々の孫や娘達にも影響を与え始める。

果たして三人のおっさんは街に潜む悪を取り払うことができるのか、、、。続きは図書館で。

学生サポーター タッキー

死ぬこと以外かすり傷

|
みなさんお元気ですか?
こんにちは、もーにんぐです。

「死ぬこと以外かすり傷」
聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?
どこの誰が言い出したのかは知りませんが、良い言葉ですよね。

私も座右の銘を聞かれたらこの言葉を答えます。
こんな勇敢には生きられてないんですけどね。
いいんですよ、言っておけば。

しかし世の中には「死ぬこと以外かすり傷」という言葉
そのもののようにがむしゃらに生きている人がいるものですね。

死ぬ.jpg




















この本の著者である箕輪厚介さんは幻冬舎の編集者で、
超巨大プロジェクトを会社に相談せずに決めてしまったり、
またもや会社に無断でオンラインサロンを立ち上げてしまったりと、
一言で言えば問題児。

しかし、常識で動いていてはつまらない。
何者かになるためには予定調和をぶち壊していかなくてはならないのだと。

なんて強靭なメンタルなのでしょう。名前のとおり面の皮が厚いですね。

でもそんな人こそが魅力的で、人は集まります。

「普通」は嫌だ。
何か面白いことをしたい。面白い生き方をしてみたい。
そんな人は是非この本を読んでみてくださいね。

(学生サポーター もーにんぐ)
瀬戸図書館では「滝浪ゼミイチ押し本」を展示中です!
今回はスポーツ健康学部こどもスポーツ教育学科滝浪ゼミの3年生の学生さんが、皆さんに読んでほしいイチオシな本を選んでくださいました。
学生さん手作りの紹介ポップも、ぜひご覧ください。

IMG_0516.jpg











手に取りやすい小説も多く、気軽に読めるのではないでしょうか!
読書の秋とも言いますし、同世代の子はこんな本を読むんだなあと知ることができる機会でもあります。
ぜひ、ご利用ください!

場所:瀬戸図書館2階

期間:10月~


(瀬戸のスタッフ もんビバ)

変身

|

20世紀の重要な小説家にフランツカフカがいます。といっても本人が生きている間は全然評価されませんでした。

その中に、友人に聞かせて大いに笑わせたという物語があって、それが『変身』

41FqZTzpCJL.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変身:掟の前で 』光文社

変身:断食芸人』岩波文庫

いくつか訳があります。

ある日自分の部屋の中で目が覚めて起きたら、になっていた。というおかしな始まり方をします。カフカの話は全部こういう、はじめに何か絶望的な状況に陥るとか、いきなり不条理さがやってくるという仕掛けになっています。気づいたときには、手遅れでもうなにかに巻き込まれているという負の状況から始まります。といってそこからなんとかして這い上がって負の状況から脱出するというものでもありません。脱出はさせてくれません。絶望とは、脱出できないからこそ絶望と呼ぶ。カフカを読んでいるとそんな風に感じるようになります。

になったことに気が付いたザムザは、その状況が受けいられず苦しみます。しかしそのことに疑問をもつことはなく、どうやってベッドから降りようかとか、どうやって部屋から抜ければよいかあれこれ考えます。セールスマンとしての仕事にもいかなくてはなりません。でもそのうちに家族に見つかってしまう。

悲しいけど、どこかばかばかしい、というのがこの小説の深みを作っていると思います。単に悲劇という劇的な感じがあるのではなく、淡々としていて終始孤独のまま時が過ぎていく。それまで親や妹のために働いて一家を支えてきたザムザだが、今度は逆に助けてもらう番に・・。だが結局のところ、絶望から抜け出すことはできず、家族にも見捨てられてしまう。よい終わり方はしません。

人間は、たえず変わっていくものです。昨日の私と今日の私は違います。でも変わることを受け入れられず、これが自分だと思っていた「私」に固執してしまう。変わることに自分も周りも、認めない。こういうところをうまく描いています。

部屋の中からなかなか抜け出せない、というと引きこもりや寝たきりを表しているようですが、そういうものの隠喩として読むとよくわかるという人も多いと思います。引きこもりとか、精神病のひとがこの本を読んだら、とてもよく共感して、引きこもりじゃなくなっていた、というような話を聞いたことがあります。

なぜ、勇気や希望を与える物語や幸福を感じさせてくれる話ではなくて、絶望を感じさせるもの、人間社会の不条理を描くものに、ある種の魅力をある種の人間は感じるのでしょうか。

カフカを読んでみると、こういう話を読むことで得られる利点というか、快楽のようなものを見つけるかもしれません。

カフカの時代にはなかなか理解されなかったが、その後の社会で受け入れられ、現代まで読み継がれるようになりました。

絶望的な気分のときとか、現代社会の中で孤独を感じる人に良いかもしれません。

 

図書館サポーター あっきー


みなさんこんにちは。

図書館スタッフのにこいちです。

やっと秋めいてきた今日この頃、朝晩はずいぶん冷えてきましたね。

秋は短くこのまま冬に突入してしまうのでしょうか。

さて、みなさんご存知かもしれませんが、図書館3階では現在

「本屋さんツアー展」を開催しています!!

本屋さんツアーポスター.jpgのサムネイル画像











6月に開催された図書館イベント「本屋さんツアー」で選ばれた

個性あふれる本たちが

ら~~と並んでいます!

CIMG1161.jpg














今回参加した17名の学生さんたちによる
オススメポイントのPOPも必見です♪
CIMG1164.jpgCIMG1162.jpg
CIMG1163.jpgのサムネイル画像































レポートに役立ちそうな本から小説、スイーツ、映画などなど・・・
幅広いジャンルの本が並んでいます。
食欲の秋!読書の秋!
みなさん、ぜひ見に来てくださいね♪

場所:名古屋学院大学 名古屋キャンパスしろとり 
   曙館3階 学術情報センター(図書館)
期間:2019年10~12月

(名古屋のスタッフ:にこいち)
栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    Photos

    • 4758440557_01__SCMZZZZZZZ_.jpg
    • 山田.jpg
    • 51j8O570MSL.jpg
    • 名古屋発表者.jpg
    • 名古屋チャンプ.jpg
    • 名古屋紹介本.jpg
    • CIMG1220.JPG
    • CIMG1221.JPG
    • CIMG1164.jpg
    • CIMG1163.jpg