Amazon

|

皆さんこんにちは

こたつから抜け出せないむとぅーです。

寒くなると買い物にも行く気すらなくなりますよね。そこで思わず使ってしまうのがAmazon。。。

スマホでパパッと注文して後はこたつで待ってるだけ。

2日もすれば商品が届きます。そして安い!

まるで魔法のようなこのシステム。不思議ですよね。

今回はAmazonの創立者ジェフ・ベゾス氏の仕事術に迫った本を紹介したと思います!

ジェフ・ベゾス : アマゾンをつくった仕事術

512ZF10fCHL.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのようにしてAmazonが誕生したのか?

創立者のジェフ・ベゾス氏とはどのような人物なのか?

そしてジェフ・ベゾス氏の驚くべき仕事術とは?

これらがこの1冊に詰まっています!

 

興味のある方は3階図書館で貸し出しを行っているので

ぜひ借りてみてください!

それでは!!

 

<学生サポーター むとぅー>

 

 

 

冬の寒さも本格的になってきました。

でもこの寒さを乗り越えればまた春がやってきます!

学生の皆さまは試験期間を乗り越えて春期休暇期間に突入ですね~!

 

さて、

ただいま図書館では「春季長期貸出」を行なっています!!

2017春季貸出.JPG


この期間、冊数は無制限!何冊でも借りられます。

☆1~3年生は、返却期限が 4月11日(火)まで。

☆卒業予定者は、返却期限が 2月28日(火)までとなります。

  
 
※利用中の図書に他の利用者から予約の申し込みがあった場合は、
 貸出期間が2週間に変更となります。
 その際はCCSで連絡しますので、ご協力をお願いします。
 
※4年生(卒業予定者)は卒業式までに必ず本を返却してください。
 未返却の場合、卒業証書を受け取ることが出来ません。
 ご注意ください!
 
 
テスト・レポート対策、就活、春休みの読書などなど、
この機会にぜひ図書館の本をたくさん借りてみてくださ~い★
 
 
(名古屋のスタッフ るん)

年末年始は大掃除

|

神様がやどるお掃除の本

新しい年にはきれいな家で過ごしたいと思うもの。

神様.png

日本の神様はきれいなお部屋にそれぞれ住んでいるそうです。

1日1箇所だけでもお掃除をして、いい一年の始まりを迎えたいものですね。

 

私は、いらない服を処分したいです・・・

なぜか捨てにくいのですが、捨てないとどんどんたまっていく古着...

たまちゃん、今年の冬はお仕事用に必要な服以外ではジーパンを1着買ったのみで

モノを増やさない

むしろ減らす生活を心掛けています

 

でもなかなか減らないんですよね。

困った困った

一気に捨てる!

 

を年末のテーマにしようと思います。

 

学生サポーターたまちゃん

絵心無くても図は描ける

|
みなさんこんにちは~ Hoonでございます。

今回はと~~~ってもわかりやすくて、

と~~~っても読みやすい本をご紹介したいと思います。

ちなみにみなさん、絵心ってありますか?

よっぽどの人でないと自信もって「ある」とはいえないと思います。
(僕も例外なくその一人です。(笑))

たまにきれいに作図している人を見るとほれぼれしちゃいますよね。
(@^▽^@)

わかりやすい図と言うのは本当に理解しやすいものです。

まさに百聞一見に如かずですね。(笑)

でも、絵心がないと思い込んでいると、

人は不思議とどんどんかけなくなるものです。

なぜなら、それは「自信」がないからです。

じゃあ、その「自信」をどうやってつけるか?

「自信」を裏付ける「知識」があれば対処できます。

もともと「自信」って言うものは根拠がなくてもできるもんなんです。

だって、赤ちゃんなんて何も知らないでしょ?

だから、あなたが「いける!」と思えばいけるんです。

でも、大人はそういうわけにはいかないこともあります。

そういうときはまず、それに対する「知識」が必要です。

「知識」は暗闇を照らす灯火です。

真っ暗闇のなかライトもつけずに運転なんて怖くてできません。
(というか法律違反です。ゼッタイにやめましょう。)

道端で目をつぶって何十秒も歩ける人なんてそうそういないと思います。

それはお察しの通り、「恐怖心」が邪魔してるからなんですよね。

その「恐怖心」を退けるのが「知識」であり、

「恐怖心」のない状態が「自信」のある状態なんです。

まわりくどいことをいってしまいましたが、

これは人生の難題にぶつかった時に使える一番着実な方法です。

ということで、作図の知識に関してはこの本をご参照あれ。


IMG0003.jpg

(Student Supporter: Hoon)


新年のご挨拶

|

新年明けましておめでとうございます。

唐揚げ大好き、じゅーしぃ・からあげです。

 

正月はいかがお過ごしだったでしょうか。

いろんな所に足を運んで忙しかった人も多いかと思います。

みなさま、落ち着いて本は読めましたか?

寒いこの時期は、炬燵とみかんとお茶と本さえあれば楽しく過ごせるはずです。

本をまだ読めていない人にはまず、こちらの本を紹介します!

 

とにかくうちに帰ります

とにかくうちに帰ります.jpg

印象に残るタイトルですよね。

僕の好きな作家、津村記久子さんの小説です。

働く女性を主人公にすることが多い津村さんですが、

出身地が大阪であるためなのか、書かれている文章が面白くて、とくに地の文でのツッコミにはセンスがあります。

僕もこんな風に文章が書けたらいいなあ、と羨望の眼差しを本に向けて読むばかりです。

1月のオススメ本に指定しましたので、もし読んでみたい人がいたら新書コーナーの棚のエンドに面だししてますのでご利用くださいませ。

 

2017年はどんな年になるでしょうか。

みなさん一人ひとりに目標があると思います。

僕は自分の将来のことを決め、自分の趣味も思う存分楽しんで、

楽しい一年間にできるよう、たくさんのことに挑戦していきたいと思います。

 

図書館では今年もビブリオバトルや本屋さんツアーなどのイベントをご用意しておりますので、ぜひご参加ください!

では、今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

(学生サポーター: じゅーしぃ・からあげ)

美しい青に魅せられて

|
未だ、焼き芋にありつけていないまめこです。
これは大事件です。

まめこの茶番はさておき、
本日はこちらの本をご紹介します。

ボニンブルー.jpg
















小笠原諸島が舞台のストーリーです。

大学は卒業したものの、特に就職もせず、
企業しようとなんとなーく学校に行ってはいるものの
特に目標も無く日々を過ごしていた青年(主人公)。

バリバリ仕事をしていたのに
突然出社拒否?をし始めてしまった父。

家庭第一と、専業主婦として数十年の母。

就職を期に独立し、弟のダラダラした生活に
小言を言い続けている姉。

そんな家族が小笠原諸島に移住(姉は空いた実家に移住)する。

ゆっくりとした時間の中で何かを探す父。

突然やる気満々で仕事を始める母。

そんな中、自分のやりたい事を探し、実行使用と奮闘する主人公。


最近、田舎暮らしや農家になる若者が増えているとか。
地域おこし協力隊、なんて言葉もよく耳にします。

田舎暮らしってのんびりしてるだけでしょう?
なんて勘違いしている人、いませんか?

そこで生活していくにも結構大変。
地域のつながりが都会とは比べ物にならないほど強い!
その中に溶け込む努力をしないといけない。
さらに食べていく為には何か仕事をしていかないといけない、
となると、これまた地域との連携が必須。
本気で自給自足しようと思っても、
知識ゼロ、土地勘ゼロのままでは何も始まらない。

そういった問題も描かれたお話です。


実はこの本、まめこ本人が気になって購入依頼をした1冊。
(あっ、別にそういう移住を考えているわけではないですよ。)
学部生、院生の皆さんも、何か気になる本があれば
「購入依頼」のシステムをフル活用してくださいね♪


無性に茶碗蒸しが食べたくなってきたまめこでした。



名古屋の学生サポーター☆★まめこ★☆

韓国語を極めたい方へ

|
みなさんこんにちは~

ご存知の方はタイトル観ただけでも私が誰か分かったことでしょう。
(○´∀`)○_ _)○´∀`)○_ _)ウンウン

ついに本学図書館にもTOPIK対策本が入ってきました!
 (/^ー^)/"""パチパチ

犯人はもちろんこの私Hoonでございます。(笑)

この学校には(残念ながら)韓国語を専攻する学科はありません。
(授業はあります。)

それとは裏腹に韓国語を学びたいと言う生徒は多く見かけます。
(少なくとも僕の身の回りでは。)

そして、はじめて図書館に来たときに語学コーナーを眺めてたんですが、

TOPIKの文字が見当たりません。
(Just Like TT by Twi..)

そこで僕は「本屋さんツアー」という

図書館恒例の本のブラックフライデーというチャンスを得ることができ、

真っ先にTOPIK対策の本を手に取りました。

本学ではTOEICやHSKに比べるとあまり目立たないTOPIKですが、

韓国語の能力を示すのには多面的に見てベストだと思います。

というわけで、是非ともTOPIKを受ける高い志を持っている人は、

この本でしっかり対策してから試験に臨んでみてください。


0021.jpg

(Student Supporter: Hoon)



法学への入口

|
みなさんこんにちは~

今日はまた法学部資料室でもったいないぐらいピカピカな

読みやすい本を見つけたのでご紹介したいと思います。

最近、法学系の著書をたくさん紹介しているのには理由が3つあります。

1つは法学部資料室の図書の利用を促進すること。

2つは法学に対するリテラシーを向上させること。

3つは日本人として、また文明人として、文明的国家である日本の法律を知ること。

ってなんかまるで法学部の学生が

大きなこと言っているように思える様な文章ですけど

僕は外国語学部なので深くはツッコめません。

それでもやっぱり知っていた方が良いものは

知っておいたほうがいいですからね。(@^^)/~~~

というわけで、今日はこの本をご紹介したいと思います。


0020.jpg

楽しみながら学びましょ~

(Student Supporter: Hoon)


「人工知能」の今と未来の話

|

 皆さんどうも、学生サポーターのかとぅーです。

 最近、周りの人がどんどんスマートフォンの機種変更をしていて、自分もそろそろ買い替え時かなあなんて思うことが度々あります。というのも、充電の減りがもの凄く早くなっていたり、アプリを起動しても強制終了されることが頻繁に起こるようになってきてしまったからです・・・やはりいざというときにスマートフォンが使えないと困りますし、買い替えを検討しようと思っております・・・

 さて今回は一冊、本を紹介したいと思います。

51p2EM0cq3L.jpg














 こちらの本は『人類なら知っておきたい、「人工知能」の今と未来の話 』 という本です。

 皆さんは人工知能やAIという単語を最近になって聞く機会が多くなったのではないでしょうか?近年多数の企業によりロボットや人工知能の開発が行われ、私達が日常的にロボットを見る機会も増えてきています。

 例えばお店などでPepperと呼ばれるロボットを見かけるようになったのではないでしょうか?あのPepperは人との会話に受け答えをするといったことが主に大きくできることとしてあげられますが、Pepper自身も感情を持っており、人との数回の会話を通して会話のバリエーションを増やしていったりといったこともできるロボットです。

 何回か話していて、自分の言ったことをPepperが覚えていてくれたら話している側もついつい嬉しくなって癒されますよね。

 そういったように今やロボットは人の暮らしを豊かにするためには欠かせない存在となっています。

 しかしその反面ロボットや人工知能が発展しすぎてしまうことに危険を感じている人もいるのです。ロボットが自分で考え、意思を持つことで人間をいずれ滅ぼしてしまうのではないか、という説もあります。まさにターミネーターの世界ですね。

 この本では今後人間が人工知能とロボットとどう向き合っていくべきであるのかについていままでのロボットの歴史を辿りながら考えていくことができます。

 皆さんもこの先、更に発展した世の中でロボットとどう共存していくべきであるか、この本を読んで考えてみてはいかがでしょうか?

 

学生サポーター:かとぅー

将来なりたい職業のRPG化?

|

資格・就職・進路コーナーでおもしろい本を見つけました。

日本の給料&職業図鑑

日本の給料.jpg

給料BANKというサイトが書籍化されたものだそうです。

 

サイトにはもっとたくさん職業がイラスト化されていますが、書籍にはおおよそ人気のありそうな職が多い印象ですね。

社会人になった後、自分の職業が載っているとちょっとうれしいかもしれません。

驚いたのは、介護系、看護士の方のお給料。とても大変なお仕事なのでもっと多くもらってもいいのではないでしょうか。

お医者さんも人の命を預かる仕事、長時間昼夜問わずの人も多いと思うので常に3桁以上のお給料だと思っていたので意外・・・という印象でした。

就活をする前の夢がいっぱいのときにサラッと読むのがおすすめです。

 

学生サポーターたまちゃん

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    Photos

    • 2017春季貸出.JPG
    • 0022.jpg
    • IMG_0496.JPG
    • 4003365623_01__SCMZZZZZZZ_.jpg
    • IMG_0497.JPG
    • 51BST1XWHZL.jpg
    • 母さんごめん、もう無理だ.jpg
    • コンビニ.png
    • 神様.png
    • とにかくうちに帰ります.jpg