相手を理解すること

|

こんにちは

学生サポーターたまちゃんです。新しい生活が始まり新しく出会った相手に対して?と思うことが増えていく時期になっていませんか?

 

そんな時にちょっと心が楽になる本をご紹介します。

 

『台湾から嫁にきまして』

51xu5JexmqL__SX353_BO1,204,203,200_.jpg

国際結婚は驚きの連続です。知れば知るだけその国のことが学べますし、自分の国のことも再発見できます。

愛知県外から来た学生さんにも同じことが言えるのではないでしょうか。学食の味噌汁が赤出汁だった!ドレッシングが思っていたのと違った・・・など

名古屋カルチャーショックの真っ只中にいる人には著者ジェジェさんの気持ちがわかるかもしれません。

少しだけご紹介しますと・・・

台湾からお嫁さんに来たジェジェさんは、日本の物価にも、超節約家のだんなさんにもとってもびっくり!

飲み会になると超フレンドリーなのに、次の日かちこちの仕事人間に戻っているってどういうこと?

はてなと驚きが満載のジェジェさんの日本生活。独特の口調にどんどん引き込まれていきます。

 

図書館に来てさくっと読みに来て下さいね。


名古屋の学生サポーター:たまちゃん

 

 

 

「鳩の撃退法」

|
朝から肉体労働でちょっと疲れたので
椅子に座ってブログ執筆中のまめこです。

今回のタイトルを見て、皆さんは何が思い浮かびますか?

まめこは、本当に鳩を撃退する方法でも書いてあるのかと思いました。

実は、鳩が大の苦手なまめこ。
小・中・高と通学途中に落し物をいただくこともしょっちゅう。
公園にいてプレゼントをいただいたこともありました。
何だろう、そんなに的として適しているのかしら?

そして、彼らは何のためらいもなく車の前を闊歩し(鳥なのになぜ飛ばない)
屋外でお弁当を食べようものなら
何か落とせといわんばかりに近寄ってきて、
突然バタバタと暴れ飛び立つ始末。
こちらは恐怖しか感じないので勘弁して欲しい・・・。

撃退はしなくてもいいから回避したい!
そう思って何気なく手を伸ばしてみると
割りと厚めで上下巻編成。
どんな大作を綴っているのだろう・・・と思ったら、
請求記号が913.6から始まってる・・・と言うことは、
なんとなんと、小説でした。

鳩の撃退法_上.jpg
鳩の撃退法_下.jpg
















出だしの1ページだけ目を通すと
園児の娘がいる家族の日常会話。

表紙は「hato」「geki」のポップな文字のデザイン。
レビューを見ると、どうやらミステリー要素を含んでいる様子。
しかも山田風太郎賞を受賞している作品。

ますます謎は深まるばかり。

どなたかこの本を読んだら感想を是非お聞かせください。
カウンターでお待ちしております。

さて、肉体労働に戻りましょうかね。
あ~~~~モナカの(抹茶)アイスクリームが食べたい!
まめこでした。


名古屋の学生サポーター☆★まめこ★☆

たまには英語で読んでみる

|
新入生のみなさん、進級されたみなさんのなかで英語を勉強したい。勉強しようと考えている人はいますか?
英語は何だか敷居が高いと感じた人には、簡単な英語からなら楽しめると思います。



51itGRj3m1L._SY344_BO1,204,203,200_.jpg

日本ではチャーリーとチョコレート工場で有名なロアルドダール。図書館には日本語訳も置いてあります。昨年度開催された本屋さんツアーでロアルドダールの原著が入ったのでご紹介します。

James and the giant peach は、孤児になったジェームズが巨大なモモに乗って大冒険するお話。しかもたくさんのやさしい虫たちと共に。
なぜモモ?仲間が虫?どういうこと?と思った方は図書館へ。

読みやすく、面白い英語で書かれたお話にきっと夢中になるはず。

学生サポーターのたまちゃんでした。

「直心是道場」とは

|
みなさんこんにちは~

哲学的なことを考えずにはいられないHoonでございます。

勘のよろしい方は既にお気付きでしょうが、間違ってもどこかの「道場」のお話ではありません。(笑)

さてみなさん、最近どうですか?

といきなり言われても「まあまあ」ぐらいしか返す言葉が特にないのではないでしょうか?

その気持ちよく分かります(笑)

「何か物足りないなぁ~」とか、

「頑張ってるのに報われてない気がする・・・」とか。

空回りしている自分がみじめになってしまう時もありますよね。

そしてその言い訳が、「環境」に向かってしまっていませんか?

「こんな環境だから勉強出来ないんだろ!」とか、

「こんな状況で自分だけ頑張って何の得になるんだよ・・・」とか。

本当は自分に原因があるのに、環境とか他人とか周りのせいにしてしまったことがあると思います。

実は人間なら誰でも自分を完全に滅入らせないために、他者に当たって気持ちを鎮めようとします。

自己防衛なんです。これは自然なことなので恥じることではありません。誰しも一度は通る道です。

でも、そこで留まっていては根本的解決にはなりませんよね?

そして何よりもそこに人間的成長があるわけで、本当に良い人生を生きていきたいと願うのであれば、

必ず乗り越えないといけないものなので、避けては通れない道でもあります。

そこで、じゃあ何をすればいいのか?答えは実に簡単です。自分と向き合えば良いんです。

ただ実行するには、見たくない自分と向き合う必要がでてきますので、それなりの覚悟が必要です。

見たくない自分と真摯に向き合って問題を解決していくその筋道こそ、他の誰かが関われない本当の勉強になるのです。

どんな環境にいても、素直な気持ちで問題に取り組めば、そこは最高の「道場」となるのです。

(Student Supporter: Hoon)


千里の道も一歩から

|
こんにちは
学生サポーターたまちゃんです。
今日のおすすめ本紹介です。


私はいろんな人の美容本を読むのが好きです。参考にできるところとできないところ色々ありますが、美容研究家・モデル・タレント・メイクさんなどの「習慣」を垣間見るのが楽しいのです。

51T0YT26A-L._SX340_BO1,204,203,200_.jpg
特に好きなのが、年齢を重ねても素敵な方。私が気になっていた白川みきさんの本が図書館にあったので、今日はこの本をオススメします。

表紙には、「時間も手間もお金もかけずにキレイになる方法」とありましたが、書かれていたのは200ページに渡る白川さんの「美の習慣」でした。
1つ1つのやることは5分もかからずできるかんたんなものばかりでした。白川さんの実年齢は50歳以上。毎日続けていれば年齢を重ねたときに白川さんみたいになれる化も知れないと思うと元気がもらえました。

何事もコツコツは裏切らないのだなと改めて感じます。

少ないですが図書館には美容の本も揃っています。気になったら読みに来て下さいね。

名古屋の学生サポーター:たまちゃん

絵本の棚 第1回

|

こんにちは。こどもスポーツ教育学科の滝浪と申します。

みなさんは、瀬戸の図書館に絵本の棚があるのをご存じですか。

 

現在、私の授業で学生に読み聞かせをさせています。

図書館の絵本を選ぶのを原則にしていますが、みんな

なかなかおもしろいものを選んできます。

せっかくなので、これから、授業の時に登場した絵本を紹介していきたいと思います。

 

 

第1回は『すてきな三にんぐみ』と『100万回生きたねこ』です。

 

 

『すてきな三にんぐみ』(トミー・アグラ作 今江祥智訳 偕成社)

 

4033270205_01__SCMZZZZZZZ_.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 三人組とは、黒マントに赤い斧を持って、暗闇に出没する泥棒のこと。

表紙から、その色のコントラストに驚かされます。

泥棒たちのなんと不気味なこと。そんな絵がしばらく続きます。

ところが、泥棒たちがいじわるなおばさんに連れて行かれそうになる女の子を

救い出す?ところから話は急展開。

世界中の不幸な子どもたちを集めて回り、最後は心が温まる話になっています。

 

世界には今も不幸な子どもたちが大勢います。

ふとそのことを頭に思い描くと、このお話の優しさが伝わってきました。

みなさんは、いかがでしょうか。

 

 

 

 

『100万回生きたねこ』(佐野洋子 講談社)

4061272748_01__SCMZZZZZZZ_.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

200万部のベストセラー。

おそらく知っている方は多いはず。そして、不思議なストーリーに感動もしたはず。

 

前半は、生き死にという輪廻転生を繰り返す猫。

飼い猫としてどこかニヒルに描かれている。

厭世的な雰囲気も漂っている。

そんな猫が後半、愛することを知り、人を失う悲しみにくれ、

最後は自分も死に、生まれ変わることはなかったという姿は、いろいろ考えさせられます。

きっと読者それぞれに思うところがあると思います。

その意味で「開かれた本」として、是非手にとってほしいと思いますし、

すでにお読みになった方々には再読をお勧めします。

 

このお話を読んで「死ぬこと」「生きること」「愛すること」

それぞれを「今の自分」が考えてみるといいでしょう。

 

 

【スポーツ健康学部 滝浪常雄】

3時のアッコちゃん

|

こんにちはー!

学生サポーターのルチルです。

 

今回ご紹介したいのが、

3時のアッコちゃん」です。

 

表紙がおいしそうで、拝読させていただきました。

 

アッコちゃんを通して、ブラック企業のお話や近くでイノシシの出現など、

書かれています。

日常の中で、登場人物にどこか情熱があって良いなと思いました。

 

以上

学生サポータールチルでした。

流行の整頓術

|

学生サポーターたまちゃんです。

パソコンで出そうとするととってもめんどくさいけれど、よく聴く言葉「断捨離」(だんしゃり)

流行に乗ってる人はいますか?
私は少しずつ、少しずつ始めています。


41ahT1oLFaL._SX346_BO1,204,203,200_.jpg
















私は学会発表や勉強会、仕事の都合で旅行に行くことが多いです。小さな荷物でどれだけ済ませることができるかというのは永遠の課題です。それでもついつい増えていってしまうモノ。断捨離には憧れを持っていました。

言葉自体はよく知っていましたし、モノを捨てるということもイメージできていたのですが、断捨離本を読んだことはありませんでした。
数年前から流行っていても実行できなかったのはなぜだろうと本を読みながら考えてみました。

すると私は「未来不安型」が当てはまりそうだと思いました。使うかも・・・とついつい取っておく人がこの型に当てはまります。
そうして冬眠前のリスのように溜め込んだものはどうなるかというと、部屋を狭くしています。そして使う日は永久にきません。

このことに気がついて新品のものでもできるだけ処分するようにしています。今のところ生活で困ったことはありません。

断捨離、おすすめです。この本が気になったら図書館へ:)


学生サポーター:たまちゃん
 

アロマテラピー♪

|

こんにちはっ(ノ⌒▽⌒) ♪みっこです☆

みなさん新学期が始まって新たな環境・新たな生活に少しは慣れましたか( ´・д・)?

ストレスがたまってイライラしていたり、寝不足になっていたり

また、集中力を上げたいな↑↑そう思っている方もいるのではないでしょうか?

そんな悩みにオススメなのは『アロマ』ですっ!ヾ(●゚∀゚●)ノ

みっこはアロマが大好きすぎて知識を身につけたいと思ってアロマ検定を取得してしまったんですが、

この本を読めば精油の選び方・保存方法・使い方がバッチリわかっちゃいますよ(ノ)´∀`(ヾ)♪

アロマってスキンケア・マッサージにもつかえてすごく便利なんですよっ (ノω`*)

でも・・・色んな道具や材料を集めるのはコストがかかるなぁ~・・・(;´д`)ゞ

って思ったら『ハーブティー』を飲むのがオススメ!!

 カモミール・ペパーミント・ローズヒップなどはスーパーの紅茶売り場でも売っていますよっ(*^-^*)

是非色んな用途に合わせてアロマ&ハーブティーを活用してみてくださいっヾ(*゚∀゚*)ノ♪

「 はじめてのアロマテラピー

はじめてのアロマテラピー.png

 

学生サポーター:みっこ

2016年4月☆ビブリオバトル

|

はじめまして!名古屋スタッフのなっしーと申します。

ゴールデンウィークが終わり、少しずつ暑くなっていきますね。

新入生の皆さんはそろそろ学生生活にも慣れてきた頃でしょうか?

 

さてさて。

4月27日(水)、白鳥キャンパスの学術情報センターで、

2016年度第1回目のビブリオバトルが開催されました! IMG_2640.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ビブリオバトルとは☆

 ①参加者ひとりにつき、

  5分間 自分の好きな本1冊を紹介をする

   ↓

  3分間 みんなで質問タイム

  を繰り返す。

 ②どの本を読みたくなったか投票し、チャンプ本を決める。

 というものです!

 

私はビブリオバトルに参加するのが初めてだったので、発表するまでは緊張しました。。。

でも、「この本の面白さを知ってもらいたい!」

という気持ちで話しているうちに、楽しくなっていました♪ 発表中発表中2

 

 

 

 

←発表中の様子です。 

 

☆今回、紹介された本☆

本たち

 

 

 

 

 

 

  

 

*『ハダカデバネズミ』 吉田重人, 岡ノ谷一夫 著

*『賢い身体 バカな身体』 桜井章一, 甲野善紀 著

*『夢をかなえるゾウ』 水野敬也 著

*『宇宙に挑むJAXAの仕事術』 宇宙航空研究開発機構 著  ←今回のチャンプ本☆

 

☆ビブリオバトルの魅力☆

実際に参加してみて、私が感じたことを書いておきますね。

 *プレゼン能力が身につく!

 *人前で話す練習になる!

 *自分では手に取らないような本を知ることができる!

特に、この3番目 は、ビブリオバトルならではです。

本屋さんや図書館で見かけるPOPとは違い、

『人の声を通して本を知る』というのは、想像以上に面白いですよ♪

 

ぜひ、この感覚を皆さんにも味わってもらいたいなと思います!

次回は、

5月18日(水) 13:30~

学術情報センター4階 セミナールーム2

にて行われます。

 

申込不要なので、好きな本を一冊持って会場へお越しください!

お待ちしております!

 

 (名古屋スタッフ なっしー)

 

 

 

 

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    Photos

    • 超難解クロスワード.jpg
    • 41BuSwbBknL__SX349_BO1,204,203,200_.jpg
    • 人狼ゲームで学ぶコミュニケーションの心理学.jpg
    • 51DTT+i38TL__SX344_BO1,204,203,200_.jpg
    • 51gwohrNRiL.jpg
    • 4061272748_01__SCMZZZZZZZ_.jpg
    • 4033270205_01__SCMZZZZZZZ_.jpg
    • p-cover-L.jpg
    • 51PPc7K96uL__SX298_BO1,204,203,200_.jpg
    • 3時間でわかる刑法入門図.jpg