受難週 レントその5

| トラックバック(0)

昨日に引き続き今日もレントについて。

レント(受難節)最後の一週間を受難週と呼びます。

今年は3月24日(日)から30日(土)のことになります。

 

その流れは・・・↓のようになっています。

junansyu.jpgいっぱいエピソードがあるので今回は棕櫚の日曜日について。

 

棕櫚(シュロ)はナツメヤシというヤシのことです。

イエスがエルサレムに入る時に民衆が自分の服やヤシの葉っぱを道にひいてイエスを歓迎したところからこの呼び名がついています。

あんまり想像ができませんが、今で言う優勝パレードみたいなものですね。

宗教指導者が自分の身が危ういと思ってしまうぐらいのVIP待遇、熱狂的に歓迎したということです。

でも日曜に大歓迎して数日後には十字架に磔にしろと叫んでしまうのです・・・。なんだかなぁ。

 

ということで、また次回。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/3099

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2013年3月 7日 13:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんで十字架に? レントその4」です。

次のブログ記事は「「東日本大震災追悼と連帯の祈り」のご案内」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.7.1