2012年11月アーカイブ

アドベント!

 

CIMG1248.jpgさて、12月2日(日)は待ちに待ったアドベントの始まりです。パンパカパーン

クリスマス、つまりイエスキリストの誕生を覚えて待ち望む期間です。

たまーに、教会でクリスマスの飾りつけをしていると「教会でもクリスマスを祝うんですねー」なんて、通行人の方から声をかけられることがあります・・・・・あああぁちょっとどうしましょう泣きたいぐらいびっくり。

 

クリスマスはキリスト教の行事です!!!!!

 

名古屋学院大学はキリスト教主義ですから、本学の学生さんは卒業するまでにせめてこのことだけは心にふかーく刻み込んでおいてください。

 

そんなこんなで、週明けの月曜日にはクリスマスに向け、名古屋キャンパス、瀬戸キャンパスに電飾のツリーが出現します。

また、名古屋キャンパスチャペルで12:40からオルガンアワーを行います。アドベントの曲を予定しています。

お詫びと訂正

先日12月の瀬戸のオルガンアワーの日程をブログにて告知いたしましたが、間違っておりました。

お詫びして訂正いたします。

偶数週の水曜ということで12/5と12/19の2回行われます。

誤った情報を流したこと、深く反省し、今後このようなことがないように気をつけます。大変申し訳ありませんでした。

 

12/12は「くわの実福祉会かいこ」さんが13:20より14:00までチャペルに来てくださる日となっております。

他にも瀬戸キャンパスのチャペルには見学者の方がいらっしゃいます、12/6(木)と12/12(水)が「かいこ」から、12/14(金)が「瀬戸市立品野東保育園」から見学にいらっしゃいます。

人生の土台

 11月は31日はないから30日で終わりなんですねー。

そんな30日(金)、つまり明日は瀬戸キャンパスチャペルアワーです。

奨励題は『人生の土台』 

聖書箇所:マタイによる福音書:7章24~29節

時間はいつもどおり13時からです。

 

あとあと、同日に瀬戸キャンパスの希望館、そして栄サテライトに

この↓

CIMG1173a.jpg建学の精神にあたる聖句の額が設置されます。

本学の現役の学生さんの書です。

素敵な作品、ぜひチェックしてくださいね!!!

 

カレッジアワーの学長のメッセージ。

8回も〇〇にあった経験から、「大丈夫かな?危ないかな?」という心の囁きが聞こえた時は、正直に耳を貸したほうがいいというお勧めがありました。

身をもって示された話に「えっっっそんなことが!!?」と興味津々でした。

学長のお勧め、推奨します。

いよいよ

あす、11月29日(木)のカレッジアワー、メッセージをしてくださるのは学長です。

どんなメッセージが聞けるのでしょうか?

お昼はカレッジアワーにどうぞ♪名古屋キャンパスチャペルで12:40~です。

 

チャペルの山茶花が見ごろですよ~ 

CIMG1247.jpg_effected.png 前回は『市場を創る』ジョン・マクミランの本を紹介していただきながら話をうかがいました。

アダム・スミスの「神の見えざる手」の話や、イギリスの首相だったチャーチルの残した言葉「民主主義は最悪の政治形態と言うことが出来る。これまでに試みられてきた、他のあらゆる政治形態を除けば、だが」の民主主義を市場に置き換えた話の紹介が心に残りました。

 

秋学期のカレッジアワーは、学生さんに伝えたいこと、または学生時代に読んで人生を変えた本、最近読んだ本でぜひ推薦したい本がテーマです。

人生を変えた本、推薦したい本は色々なジャンルにまたがっていて面白いです。

さて、学長はいったいどんなテーマでメッセージをしてくださるのでしょうか~楽しみです。

なぞとき

「サラマッ・サ・ジョース」

チャペルアワーのメッセージを聞きましたよ~フィリピンの言葉で「神に感謝」という意味のようです。

神への感謝だけでなく、「ありがとう」を口に出そう、示そうとおすすめがありました。確かに。

 

先週の瀬戸キャンパスチャペルアワー「賢者は弔いの家に」では、弔いにはかかせない棺桶が登場したそうです。しかも実際に棺桶の体験もできたとか!!!本番では中がどんな風かなんて見ることも感じることもできない(ハズ)から、ちょっと入ってみたかった・・・。

噂によると、たまに出現するらしいので、本番前に入っておきたいかたは是非チャンスを狙ってください。

 

チャペルアワーは色々な文化に触れ合える機会ですね~。

 

そうそう瀬戸といえば、2012年度瀬戸キャンパスのオルガンアワーは残すところ1回12月12日(水)のみです。

12月5日と19日に2回ございます。お詫びして訂正いたします(2012年11月30日追記)

 

瀬戸キャンパスの皆様、12日(水)の予定に入れておいてくださいね!きっとアドベントやクリスマスの音楽を楽しめることと思います。

 

チャペルアワー、カレッジアワーも残り3、4回ということで、うっかりするとチャペルに足を踏み入れないまま2012年度のチャペル行事が終わってしまいますよー。

サラマッ・サ・ジョース

名古屋キャンパスチャペル、いつの間にかさざんか咲いてます。

CIMG1195.jpg_effected.pngチャペルアワーの奨励題の連絡がきたみたい。

さて、どんな題かな~

 

わくわく・・・

 

どきどき・・・

 

 

 

奨励題:『サラマッ・サ・ジョース』

 

 

「・・・・・・・・・・・・・えっ!!?」

 

ただちにネット検索をかけました・・・。そのものはヒットしないものの、タガログ語ではないかと推測中。でも「サラマッ・サ・ジュース」ではありませんか?と検索画面で表示されるのです。

「サラマッ」は「ありがとう」の意味のようですから、この奨励題の決め手は「サラマッ・サ」じゃなく「ジョース」にあるのでは?そうだと「ジュースに感謝」は変だから「ジョース」はジュースじゃなくあくまで「ジョース」ではないか?でも、肝心の「ジョース」の意味が・・・・。

と、朝から謎解きしています。ヒントはきっと詩編136編1~3節の聖書箇所にあるはず!

 

11月27日(火)12時40分からチャペルアワーが始まります。

チャペルアワー、カレッジアワーともに残り4回ずつです。貴重な機会をお見逃しなく!!!

讃美歌メドレー

本日(11/26)の名古屋キャンパスチャペルでのオルガンアワーは「教会の一年」と題して、キリスト教の一年を讃美歌でたどっていきます。

今、キリスト教の暦では大晦日!

そんなわけで

「創造→待降(アドヴェント)→降誕(クリスマス)→公現→キリストの生涯→受難(レント)→復活(イースター)→昇天→聖霊(ペンテコステ)→三位一体→神の支配、神の国」

という各教会暦から1曲ずつ弾く予定です。

12時40分から13時10分まで。曲の途中でも入退場自由です♪

瀬戸キャンパスチャペル見学

さる11月20日(火)10:00~14:00

9月にいらっしゃった「萩山台地域力向上委員会」の方々21名が、瀬戸キャンパスの見学にいらっしゃいました。

 

P1040825.jpg_effected.jpg2名を除いてほとんどの方が、初めて本学を訪れた方々でした。

P1040823.jpg_effected.jpg本学の説明のあと、パイプオルガン演奏4曲と学生さんのピアノ弾き語り、クラシックのピアノ曲...計3曲でお迎えしました。

P1040826.jpg_effected.jpgその後、セルフサービスでティータイム♪

池や陶芸館の散策、学食での昼食後、

M先生の蓄音機コンサート

P1040829.jpg_effected.jpg

 

P1040830.JPG_effected.jpgパイプオルガンに触れていただく時間をとり、最後に秋の唱歌やクリスマスの曲を数曲、みなさんが歌ってくださりおひらきとなりました。

賢者は・・・

秋も深まってきましたね。

名古屋キャンパスの周り、綺麗に紅葉しています。

CIMG1188a.jpg瀬戸キャンパスは更に綺麗に紅葉しているとのこと。

そんな瀬戸キャンパスチャペルにて明日、23日(金)はチャペルアワーがあります。

奨励題:『賢者は弔いの家に』

聖書箇所:コヘレトの言葉7章2~4節

 

なにやら仕込みのあるチャペルアワーになりそうだとの情報が・・・!?

弔いにはかかせないアレが出現するのではないかと噂になっています。

13時から始まりますヨ。

カレカレカレッジアワー♪

繰り返しになりますが、秋学期のカレッジアワーは「学生時代に読んで人生を変えた本、最近読んだ本でぜひ推薦したい本」がテーマです。

 

先週紹介された本は『職業は武装解除』瀬戸ルミ子著

先生の最近読んだ本でぜひ推薦したい本でした。

 

明日22日(木)はどんな本と、それにまつわるどんなメッセージがきけるのか楽しみです♪

名古屋キャンパスチャペルにて、12時40分からです。

 

※秋学期終盤となり、混み合うようになってきました。

時間に遅れた方の入場をお断りすることもあります。お早めにお入りください。

ストップ。

明日21日(水)13時からは瀬戸のオルガンアワーです。

テーマは「2012年の感謝をこめて~慰霊の月の讃美歌とともに~」

これまで手がけたいろいろな曲と慰霊の讃美歌を中心にひかせていただきます。とのことです!!! 

 

もちろん故・辻宏氏の設計、製作のパイプオルガンで演奏されます。

このパイプオルガン、今回はここに注目!

 

CIMG0472.jpgこの棒。

 

CIMG0477.jpgめちゃくちゃ重要です。

 

これがないと鍵盤を押しても音が出ないんです。ストップと呼ばれているスイッチで、操作すると選んだ音色の音が出るようになります。

ちなみに音を出すためのスイッチなのに、「ストップ」という名前なのは、昔は今と正反対で、全部の種類の音が出ていて、それを一つずつストップさせるときに使っていたからだそうです。豆知識。

 

それで、何が書いてあるのかというと・・パイプ(音色)の種類が書いてあります。

Hauptwerk Prestant 8'

Octave 4'

Octave 2'

 赤く書いた数字8や4や2はパイプの長さをフィート(1フィートは約30cm)で表しています。

 

音の基準は8フィート(約240cm)になっています。同じ鍵でも、4は8の一オクターブ上の音、2は4の一オクターブ上の音が出ます。

ちなみに16なら8の一オクターブ下の音になります。

16,8,4,2とストップを組み合わせると、ピアノだと両手の指を精一杯広げてようやく弾ける4オクターブの音が、オルガンだとたった一つ打鍵すれば弾けてしまうのです。

 

だから、鍵盤は似ていても、ピアノとは全く別の魅力があります。曲も違うし、音も違う、貴重な楽器です。

ぜひ聞いてくださいね!!!、

いのちの尊さと・・・

20日(火)のチャペルアワーの奨励題は「いのちの尊さと七五三」です。

七五三。

やっていないので羨ましかったなー。

 

聖書箇所はマルコによる福音書10章13~16節。

こども祝福式(キリスト教式の七五三・・・のようなもの)の箇所です。

 

あ、そうそう、名古屋キャンパスチャペルが変わりました。

どこが変わったかわかりますか?

ヒント:あるモノが増えたのです。

 

CIMG1172.jpgわからない?

じゃあ、もうちょっとズズッと寄ってみましょう。

 

CIMG1170.jpg

「まるで最初からあったみたい」トナリの上司(仮名)さん談。

というぐらい違和感のない馴染みよう。

 

答えはコレ!

 

CIMG1173.jpg入り口に、聖句の額が飾られたのです。

これ、学生さんが書いてくれたんです。プロかと思う出来栄えです。きれいな字、それも独学だとか・・・すごい!!!

たくさん練習した努力の結晶です。これはもう是非見ていただきたいです。

 

日比野学舎と白鳥学舎の他の建物にもかかったので是非みてくださいね。

瀬戸キャンパスと栄サテライトには30日に開架予定です。お楽しみにお待ちください。

 

チャペルにお越しの際は聖句の額にご注目ください!!!

あと2時間ほど・・

本日(11/19)は月曜日なので名古屋キャンパスチャペルにて12時40分からオルガンアワーです。

曲の途中でも出入り自由なのでお気軽にのぞいてください。

 

プログラムはJ.S.バッハ、J.C.バッハ、J.L.クレプスとF.W.ツァッハウの曲を予定しています。

バッハは音楽家一族なのでいっぱいバッハがいるんですが・・・一番有名なのがJ.S.バッハです。今日予定しているJ.C.バッハはJ.S.バッハの父の従兄です。

平和は葛藤

13日のチャペルアワーのメッセージはすごく考えさせられる内容でした。

 

「平和ってラクチンじゃない、平和って葛藤しあうものです。

宗教が違う、人種が違う、民族が違う、国が違う、自分とは違う人と一緒にやっていくことは、自分の思い通りにならないという葛藤がついてまわります。

自分の意見を押し通したくなるけれど、それをやると違う意見を押しつぶすことになります。

誰でも自由に意見を言えるようにすると、意見をまとめるのがすごく面倒になります。

でもその面倒を受け入れて葛藤することが平和じゃないでしょうか?」

こんなメッセージがありました。 

 

この「平和」の考え、「敬神愛人」の伝えようとしていることと同じだと思いました。

人を愛するっていうことは、違いを受け入れるということとも言えます。

注意しなきゃいけないのは、愛しているなら自分の意見に賛同するべきとか、愛されているから相手の意見に異を唱えない、というのは本当の人を愛することではないと思います。

愛し合っているからこそ、納得するまでとことん意見を出しあうことができる。意見一致しないままでも、逃げ出したり押しつぶしたり絶対にしない。そういう信頼関係を愛人と言っていると思います。でもそれって自分の意見を押し通したり、逆に諦めることよりも面倒くさいと思います。物凄くエネルギーがいる気がします。

自由に意見が言えることは面倒で葛藤も多いけど、人に意見を言わせないとか自分の意見を押し殺さないといけない社会よりもずっとずっと幸せだと思いませんか?

 

さて、チャペルでは毎回違う先生が、色々な意見、メッセージを投げかけてくれています。

11月も後半に入り、2012年度秋学期のチャペル行事も残りを数える方が早くなりました。是非機会をみつけてお越しください。

それではまた来週!

追悼の祈りについて

瀬戸キャンパスチャペルで、明日16日(金)13時からチャペルアワーがあります。

奨励は地元瀬戸のカトリック教会の神父さんがしてくださいます。

題は「追悼の祈りについて」

ズシっとした奨励題です。追悼の時というのは、一番祈りを必要とする時のように感じます。11月はメメントモリ(死を記憶せよ)ですねー。是非足を運んでください。

 

午前中は雨のせいか冷えましたね~。

雨の日はチャペルの植え込みに猫がやってきます。

今日の集合は・・・1匹・・・2匹・・・・3匹!!?

CIMG1164.jpg

 

ここで一句

「 雨の日も

         寄り添い合えば

                     あったかし 」  byトナリの上司(仮名)

 

こんな風に心が寄り添い合える関係が隣人愛が成り立っているって事かもしれませんねー。

ろっかいのいっかい

いつの間にかカレッジアワーが残り6回となってしまいました。

先週のカレッジアワーで紹介された本は灰谷健次郎著『太陽の子』でした。

 

懐かしい!昔読んだ!と思いましたが、読んだ当事はチビッコだったので難しくて琴線に触れなかったんですよね。今読んだら全然違うかもしれないなーと、メッセージを聞いて心を改めました。

明日11月15日(木)はどんなカレッジアワーになるのでしょうか。

お楽しみに~!

宗教講演会を開催しました。

「メイク・ア・ウィッシュ~夢の応援団」と題して、メイク ア ウィッシュ オブ ジャパン名古屋支部の原順子先生に講演していただきました。

DSC_7357.jpg先生は難病のこどもが持っている夢・・・

 〇〇に行きたい

 〇〇に会いたい

 〇〇になりたい

 〇〇がしたい

 〇〇が欲しい

このような夢を叶えるお手伝いをされています。

難病のこどもとその家族の生活の様子、夢を叶えることに手伝いが必要になるのはなぜかという丁寧な説明や、どんな夢があったかという紹介がありました。そのなかで経験したことや、思ったこと感じたことをわかりやすくお話ししてくださいました。

 

DSC_7342.jpg「夢をかなえようとするこどもは、とてもエネルギーがあって輝いている。それを自信を持って伝えています。」そんな先生の熱い気持ちが伝わった講演会となりました。

2つのお知らせ

名古屋キャンパスチャペルは明日、13日(火)二つの行事があります。

 

その1、チャペルアワー

時間12:40~13:10

奨励題「共に坐る恵み」

 

その2、宗教講演会

時間16:45~18:15

講演題「メイク・ア・ウィッシュ~夢の応援団」

 

チャペルを暖かくして皆さまをお待ちしています!!!

来週火曜日は・・・

改めて間近にせまった2012年度第三回、宗教講演会のお知らせです。

 

日時:11月13日(火)16時45分~18時15分

場所:名古屋キャンパス(白鳥学舎)チャペル

 

「メイク・ア・ウィッシュ~夢の応援団」と題しての講演会。

講師はメイク・ア・ウィッシュ・ジャパン名古屋支部で活躍されている先生です。

メイク・ア・ウィッシュは3歳以上18歳未満の、難病の子どもの夢をかなえるお手伝いをしているボランティア団体です。

どなたでもご参加いただけますので、興味がある方はぜひお越しください。

皆さまのご参加をお待ちしています!!!

 

 

あと、12日(月)は名古屋キャンパスチャペルにてオルガンアワーです♪

それでは、良い週末を!

これは一体・・・

kore1a.gif

「これは一体、どういうことだ」

が、明日の瀬戸キャンパスチャペルアワーの奨励題です。

一体どういうことなんでしょう!!?

 

真相は明日9日13時から瀬戸キャンパスのチャペルにて。

聖書箇所は創世記42章21節

この箇所はヨセフ物語です。

ヨセフという人は、12人兄弟の末っ子で父親から特別可愛がられました。そのため嫉妬した兄弟によってエジプトへ奴隷として売られてしまいました。でも夢の謎解きをする能力と、誠実な人柄がうけて、エジプトの大臣になっていきます・・・そんなある時ヨセフの前にヨセフを裏切った兄弟たちがあらわれて・・・という経緯があった辺りの一節が該当箇所です。

お楽しみに!

なかなかどうして

今って読書週間なんですね。

 

猫も杓子も読書週間なのか、チャペル前でくつろぐ猫も・・・

CIMG1043a.jpg

なんて読んでいたことはありませんが・・・この「なかなか どうして 聖書もおもしろい」とは、チャペルアワーに出席した学生さんの感想です。いやー、なによりです。

 

明日は名古屋キャンパスチャペルで12時40分からカレッジアワーです。

秋学期のカレッジアワーは本学の教職員が「学生時代に読んで人生を変えた本、最近読んだ本でぜひ推薦したい本」がテーマになっています。

猫も杓子も皆さまもぜひチャペルで読書の秋を堪能してください♪

亡き人々の御心と共に

seto001.jpg明日7日(水)13:00~13:30、瀬戸のオルガンアワーです。

題は、「亡き人々の御心と共に」です。

この時期ならではの終末に思いを馳せるプログラムになっています。

 

讃美歌は「花彩る春を」など数曲と、フォ-レのレクイエムより、ピエ・イエスなど。

この「花彩る春を」は日本で公募によって作られた新しい讃美歌です。召天者の姿に、信仰をもって生きていく力を与えられることを歌った曲です。

 

パイプオルガンの演奏に耳を傾けながら、静かに瞑想する時間ってなかなか経験できない大切なことだと思います。

 

曲の途中の出入り自由♪

途中までしかいられないとか、時間に間に合わないというかたも、ちょっとだけためしに聞いてみたいという方も、お気軽にチャペルへお越しください。

「光あれ」リターンズ

当ブログで好評だった「光あれ」

明日の名古屋キャンパスのチャペルアワーの奨励題として登場です! 

 

奨励題:「光あれ」

聖書箇所:創世記1章1~5節

 

聖書箇所も同じでした。

 たくさんある中で、この聖書箇所と奨励題が選ばれたことが不思議だけど、それだけメッセージを伝えたくなる箇所なんだと思います。

けっこう重なる事って多いんですよ。でも同じ箇所、同じ奨励題でも人によって全然違う話になります。あと、同じ人でも時間が経てば全然前と違っていることもあります。

でも違うから間違いとかではないと思うんですよ。

ある事に対して、一度「コレはこう」と答えを出したとします。次から同じ問題が起きたら何も考えずに「コレはこう」って自動的に処理してしまいがちです。でも前はこれでよかったけど、今回もそれでいいのかな?これが本当に最適なことなのかな?って考えることの大切さに気が付かされます。

 

多様性というか、人の可能性を感じる瞬間ですねー。チャペルアワーは12時40分からです。

 

「光あれ」Coming Soon!!!

気が早いクリスマス

日本の商業施設ではハロウィン(10/31)が終わった翌日にはカボチャがツリーに変わっていますね・・・。おおー!ちょっと気が早いですよー!!!

 

12月25日から数えて4つ前の日曜日をアドベント(待降節第1主日)として、その日からクリスマスの飾りつけをするのです。

今年は12月2日(日)がアドベント第一日目です!!!

 

11月は11月で大事なことがあるんですよー!!!

 

キリスト教の暦ではアドベントから2013年になるので・・・11月はちょうど年末。

そして年末には「終末」のことに思いを向ける、そんな月なんです。

プロテスタント系の教会では例年11月の最初の日曜日は永眠者記念礼拝(召天者記念礼拝)という、亡くなった人をおぼえて礼拝をまもります。お彼岸や法事のキリスト教版?というと全く別物なので怒られそうですが、一番わかりやすいかなーと思います。

ただ、大きな違いは、天へ召された人(永眠者)を偲びつつ、その召天者たちと共に神を礼拝する、という知らない人にとってはちょっと不思議なスタンスで礼拝が行われるんですよー。

 

名古屋学院大学の歴史は120年をこえ、2年後には開学から50年を迎えます。

その流れの中には諸先輩方の努力、忍耐、労苦、祈りがあります。歴史をたどると、過去と無関係に今が存在しないように、今と無関係に未来は存在しないことがわかります。

普通に過ごしていると、ちょっと前やちょっと先には目が向きますが、うんと昔やうんと先のことには目がいきません。

11月に「終末」を思うってことは、そんなことも教えてくれます。

 

週明けの月曜(5日)は名古屋キャンパスのオルガンアワーです。

終末にちなんだ曲を予定しています。12:40分からです。途中でもなんでも好きな時に出入りできますのでお気軽にお越しください。

思いを叶えよう

とうとう11月ですね!

明日は金曜日、というわけで瀬戸キャンパスのチャペルアワーです。

奨励題「思いを叶えよう」

聖書箇所はマルコによる福音書4章1~9節

 

そうそう、11月ということで讃美歌も561番「平和を求めて」から552番「若い日の道を」という曲に変わりますよー。

ちなみに讃美歌を開いてみると

 

CIMG1053.jpg題名の上に小さく用途の分類が表記してあります

 

この曲の用途は「学校」!

まさに大学のチャペルアワーで歌うための曲です。

メッセージを聞いて、讃美歌を歌いましょう!!!

13:00から瀬戸キャンパスチャペルです。

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12