イベントの最近のブログ記事

ぶっちゃけ!聖書☆研究会

 春学期は不定期開催でした「ぶっちゃけ!聖書☆研究会」ですが、秋学期後半に入り木曜日の3限の時間に活動を開始しています。
題からもわかるように聖書研究会というイメージにあるかたっくるしい感じではなく楽しそうに活動しています。
学生の皆さん、参加をお待ちしています。

活動日:木曜日3限
場 所:<しろとり>チャペル併設の談話室

イングリッシュ・チャペルアワー

 さて、ヒアリング力をためされる機会がやってきましたよ!
ということがメインではないのですが、明日のカレッジアワーは特別にイングリッシュ・チャペルアワーとして外国語学部のA.ロジャー先生に登場していただきます。
ぜひお越しください。

<カレッジアワー詳細>
日時 2018年11月8日(木)12:40~13:10
場所 <しろとり>チャペル
奨励 A.ロジャー先生(外国語学部准教授)

R&E Week後半のイベントのご報告

 R&E Weekが終了しました。
11月1日(木)は名古屋ハリストス正教会のグレゴリイ 伊藤 慶郎先生をお招きして「ハリストス正教会について」というテーマで奨励していただきました。

ハリストス正教会の「聖体礼儀」という日曜日の礼拝を映像と資料をもとに詳しく教えていただきました。

CIMG4517a.jpg

カレッジアワーの様子

CIMG4516a.jpg

グレゴリイ 伊藤 慶郎先生

実際に使われている香炉をおもちいただいて実演してくださいました。


CIMG4520a.jpg

香炉実演の様子

振るとシャランシャランと鈴の音がして、焚かれている乳香の香りがよりひろがっていきます。

視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚といった五感を全て使って神様を感じるというのが正教会の特徴ということが伝わってきました。
様々なキリスト教の在り方を体験し、その中にある"信仰の一致"を肌で感じる一週間を過ごすことができましたこと感謝をもってご報告いたします。

ハリストス正教会について

明日はR&E Weekチャペルアワーとして名古屋ハリストス正教会からグレゴリイ 伊藤 慶郎先生をお招きし、チャペルアワーをまもります。
ハリストス正教会というと???となるかもしれませんが、ギリシャ正教やロシア正教と同じ教派になります。
ちなみにハリストスはキリストと同じ意味です。

<R&E Weekチャペルアワー詳細>
日 時  2018年11月1日(木)12:40~13:10
場 所  <しろとり>チャペル
奨 励  グレゴリイ 伊藤 慶郎先生(名古屋ハリストス正教会司祭)
テーマ  「ハリストス正教会について」

入場無料。学外の方も歓迎いたします。ぜひご家族やお知り合いの方をお誘いあわせの上お越しください。

R&E Week前半のイベントのご報告

R&E Week前半のイベントが終了しました。
月曜日は聖歌隊によるゴスペルを中心とした礼拝でした。

CIMG4498a.jpg

CIMG4496a.jpg

伝統的な讃美歌とはまた違った賛美の声がチャペルに響きました。

本日は日本聖公会司祭のヨセフ 下原 太介先生をお招きして聖公会の礼拝の形式の中から「昼の祈り」による礼拝を執り行っていただきました。

CIMG4504a.jpg

チャペルアワーの様子

CIMG4512a.jpg

ヨセフ 下原 太介先生

十字架とろうそくを用意してくださり、雰囲気の違う礼拝になりました。
同じキリスト教だけれど見た目から違いを感じた学生さんもいたようです。
奨励の中で、違いがある、でも同じであるということを忘れてはいけないというメッセージに、R&E Weekのテーマである様々なキリスト教の在り方を体験し、その中にある"信仰の一致"を肌で感じる機会になりました。

R&E Week後半の行事は
11月1日(木)
12:40~13:10 (名古屋)  グレゴリイ 伊藤 慶郎 氏
(名古屋ハリストス正教会)
11月2日(金)
13:00~13:30(瀬戸)  ブー・カイン・トゥオン 氏
(カトリック多治見教会)
となります。
入場無料。学外の方も歓迎いたします。ぜひご家族やお知り合いの方をお誘いあわせの上お越しください。

聖公会の「昼の祈り」

 R&E Weekのチャペルアワーは聖公会の司祭、ヨセフ 下原 太介先生をお招きして聖公会の礼拝の形式の中から「昼の祈り」を行います。
いつものチャペルアワーとは違う礼拝、この機会に体験しにご参加ください。

<R&E Weekチャペルアワー詳細>
日 時  2018年10月30日(火)12:40~13:10
場 所  <しろとり>チャペル
奨励者  ヨセフ 下原 太介先生(日本聖公会 名古屋聖マタイ教会)
内 容  昼の祈り

R&E WeekはReformation(宗教改革)とEcumenical(教会の一致)ということで「宗教改革記念日」(10月31日)を含む5日間、Reformation(宗教改革)とEcumenical(教会の一致)をテーマとした特別なチャペルイベントを開催します。木曜日はハリストス正教会、金曜日はカトリック教会の司祭さんをお招きして、それぞれの伝統に則った儀礼や祈祷を執り行っていただきます。ぜひご参加ください。

ゴスペル!

 週明けの月曜日はオルガンアワー・・・ではなく、R&E Weekのイベントとして聖歌隊によるゴスペルを中心とした礼拝を行います。
R&E WeekはReformation(宗教改革)とEcumenical(教会の一致)ということで「宗教改革記念日」(10月31日)を含む5日間、Reformation(宗教改革)とEcumenical(教会の一致)をテーマとした特別なチャペルイベントを開催します。火曜日以降は、聖公会、ハリストス正教会、カトリック教会の司祭さんをお招きして、それぞれの伝統に則った儀礼や祈祷を執り行っていただきます。ぜひご参加ください。

詳細は以下の通りです。
日時 2018年10月29日(月)12:40~13:10
場所 <しろとり>チャペル
内容 ゴスペルクワイア(本学 聖歌隊)

大学祭!

 いつもでしたら金曜日の瀬戸キャンパスチャペルアワーのお知らせをしているのですが、明日はプレ大学祭ということでチャペルアワーはございません。
大学祭本番は10月27日(土)と28日(日)です。

IMG_0555.jpg
聖歌隊とトーンチャイムクワイアもイベント出演にむけて追い込み練習中です。
27日(土)12:00~登場するようです。応援のほどよろしくお願いいたします。
昨年は台風により途中で切り上げになってしまった大学祭なので、その分今年の大学祭が盛り上がるといいですね!

R&E Weekのご案内

 今年度、本学では、「宗教改革記念日」(10月31日)を含む5日間、Reformation(宗教改革)とEcumenical(教会の一致)をテーマとした特別なチャペルイベントを開催します。月曜日は、本学聖歌隊による現代的なキリスト教音楽(ゴスペル)を中心とした礼拝を行います。火曜日以降は、聖公会、ハリストス正教会、カトリック教会の司祭さんをお招きして、それぞれの伝統に則った儀礼や祈祷を執り行っていただきます。

詳細は以下の通りです。
10月29日(月)
12:40~13:10 (名古屋)  ゴスペルクワイア
(本学 聖歌隊)
10月30日(火)
12:40~13:10 (名古屋)  ヨセフ 下原 太介 氏
(日本聖公会 名古屋聖マタイ教会)
11月1日(木)
12:40~13:10 (名古屋)  グレゴリイ 伊藤 慶郎 氏
(名古屋ハリストス正教会)
11月2日(金)
13:00~13:30(瀬戸)  ブー・カイン・トゥオン 氏
(カトリック多治見教会)
"分裂と対立"の歴史を歩んできたキリスト教が、新たに"和解と共存"の時代を迎えようとしている今、Reformaiton & Ecumenical Week のチャペルアワーを通じて、様々なキリスト教の在り方を体験し、その中にある"信仰の一致"を肌で感じていただければと願います。

入場無料。学外の方も歓迎いたします。ぜひご家族やお知り合いの方をお誘いあわせの上お越しください。


創立記念日礼拝

明日は瀬戸キャンパスでの2018年度名古屋学院大学 創立記念日礼拝です。ご一緒に本学の創立を記念し感謝の礼拝の時をもちましょう。

<創立記念日礼拝詳細>
◆日 時:10月 19日(金) 13:00~13:30

◆場 所:瀬戸 チャペル

◆奨励者:髙見伊三男宗教部長

◆奨励題:「敬神愛人と幽玄啓明」

◆聖 書:マタイによる福音書7章7-12節

2018年度名古屋学院大学 創立記念日礼拝

 明日は名古屋キャンパスでの2018年度名古屋学院大学 創立記念日礼拝です。ご一緒に本学の創立を記念し感謝の礼拝の時をもちましょう。

<創立記念日礼拝詳細>
◆日 時:10月 16日(火) 12:40~

◆場 所:<しろとり> チャペル

◆奨励者:髙見伊三男宗教部長

◆奨励題:「敬神愛人と幽玄啓明」

◆聖 書:マタイによる福音書7章7-12節


なお、瀬戸キャンパスでは10月19日(金)に同様の内容で創立記念日礼拝を執り行います。

創立記念日礼拝

2018年度名古屋学院大学 創立記念日礼拝を下記のように執り行います。
ぜひお越しください。

         記

<名古屋キャンパス>
◆日 時:10月 16日(火) 12:40~

◆場 所:<しろとり> チャペル

◆奨励者:髙見伊三男宗教部長

◆奨励題:「敬神愛人と幽玄啓明」

◆聖 書:マタイによる福音書7章7-12節


<瀬戸キャンパス>
◆日 時:10月 19日(金) 13:00~

◆場 所:瀬戸 チャペル

◆奨励者:髙見伊三男宗教部長

◆奨励題:「敬神愛人と幽玄啓明」

◆聖 書:マタイによる福音書7章7-12節

                                                      以上

2018年度宗教講演会を開催しました。

 2018年9月27日(木)13時20分~14時50分に宗教講演会を開催しました。
講師に松谷信司氏(キリスト新聞社代表取締役社長)をお招きし、「非モテの信徒への手紙」と題してご講演いただきました。


CIMG4469a.jpg松谷氏


ご自身の生い立ちから現在のお仕事、ゲームやアニメーション、映画など意外に身近なところにキリスト教の影響を受けたものが多くあるというところを切り口に、宗教は5K(カタい、クラい、キビシい、キツい、コワい)というイメージがあるけれど、もっと身近に気楽にキリスト教に興味をもってもらえたらという気持ちが伝わる講演でした。

CIMG4474a.jpg

講演後の質疑応答では休憩中にSNSなどを通じて送られた質問に応答するといういまどきの手法!
慣れた手法だからか学生さんも積極的に質問ができたようで、どんな質問にも丁寧にこたえてくださいました。

サイレントマイノリティ

 明日からの2日間はキリスト新聞社代表取締役社長の松谷信司氏をお迎えしてのビッグイベントとなります。
ひとまず、明日は名古屋キャンパスしろとりにて2つの行事を予定しています。
講演会は授業があって出られないという学生さんも昼休みのカレッジアワーもありますよ!お楽しみに!


<カレッジアワー詳細>
日 時  2018年9月27日(木)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスしろとりチャペル
奨励題  「サイレントマイノリティ」
聖 書  マタイによる福音書25章37~40節
奨励者  松谷 信司 氏
1976年福島県生まれ。「Ministry(ミニストリー)」「キリスト新聞」編集長。キリスト新聞社代表取締役社長。
「いのり☆フェスティバル」実行委員会代表。著書に『キリスト教のリアル』(ポプラ社)。


<宗教講演会詳細>
日 時  2018年9月27日(木)13:20~14:50
場 所  希(のぞみ)館 201教室
講演題  「非モテの信徒への手紙」
講演者  松谷 信司 氏


なお、カレッジアワーも宗教講演会も、入場無料です。学生や教職員だけでなく、学外の方もぜひお越しください!

レインボーウィーク開催中

本日のレインボーウィークチャペルアワーの様子をご覧ください。

CIMG4457a.jpg

CIMG4458a.jpg

奨励者の後藤香織先生(日本聖公会司祭)

「同性愛者と出会って、イエスさまはどうされた?」と題してのメッセージでした。レインボーウィークの意味、差別が産まれる原因、そしてマタイによる福音書8章5~13節を基にイエス様がどうされたのか、ということを丁寧に分かりやすくお話してくださいました。

チャペルの講壇掛けも今週はレインボーです。
まだ参加していないみなさん、ぜひ今週チャペルへお越しください。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちイベントカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはキリスト教です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12