防災の日だし災害伝言サービスを体験してみた。

| トラックバック(0)

9月1日といえば防災の日。
災害への備え、いろいろありますが今回は災害用伝言サービスの体験をしてみることに。

災害時などに安否確認に有力な手段として災害伝言サービスがあります。
災害用伝言サービスを使えば、スムーズに特定の人の安否を確認したり、自分の状況(どこに避難しているとか)が伝えられます。
サービスの体験利用が以下の期間できるということでやってみました。

毎月1日、15日
正月三が日(1月1日~3日)
防災とボランティア週間(1月15日~21日)
防災週間(8月30日~9月5日)

災害伝言サービスには何種類かあって、
(1)災害用伝言ダイヤル(171):電話して音声メッセージを残す。
(2)災害用伝言板(web171):サイトにテキストで伝言を登録する。(1)のweb版。
(3)災害用伝言板:サイトにテキストで伝言を登録する。被災地からのみ伝言を登録できる。
(4)災害用音声お届けサービス:NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルなど利用可能なキャリアに制限があります。音声メッセージをSMSで送るサービス。

(1)~(3)のサービスは連携していて、どのサービスを使っても共通して伝言の確認ができます。(1)で登録した音声は(2)のweb171で確認できて、(2)で登録された文字は音声変換されて(1)で再生されます。

ということで、今回は(2)災害用伝言板:(web171)の体験をしてみました。
まずはタブレットで災害用伝言板(web171)サイト(https://www.web171.jp/)にアクセス。

IMG_1664.jpg

電話番号を入力して「登録」ボタンを押すと・・・。

IMG_1665.jpg

画面がかわるのでに入力して登録を押す。

IMG_1666.jpg
一件の伝言があります表示になって、下のほうにメッセージが表示されればいっちょあがり!

IMG_1667.jpg

そして確認のためにパソコンからみるとこんな感じ。

p001.jpg
登録されたメッセージが見える!
こちらからもメッセージを登録。すると・・・

p003.jpg

伝言が2件に!

せっかくですから(1)の171へ電話してみると、ちゃんと登録されたメッセージが読み上げ再生されましたヨ。

ぜひこの機会にご家族、遠方の親族などと災害時の連絡の仕方を確認してみては?
(伝道師じゃないほう)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/8273

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2021年9月 1日 13:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今度の日曜日は「しんきび」」です。

次のブログ記事は「今月の聖句的なあれ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.8.0