紫色

| トラックバック(0)

灰の水曜日にひっそりとブログのデザインをレント、受難節にあわせて変えております。
いつもと変わっていない方は再読み込みしてください。

ぱっと見の印象が紫色に変わっています。
受難節のテーマカラーは紫と決まっています。紫色には受難と待つという二つの意味があります。

チャペルの中にも紫色に変わったものもあるんですよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/6047

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2017年3月 3日 16:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キリスト教の季節はややこしい?」です。

次のブログ記事は「7本のろうそく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.8.0