12使徒 その23 疑い深いトマス

 次にご紹介するのはトマスです。
トマスの意味は"双子"というものでニックネームです。ギリシャ語で双子のことをディディモというのでディディモと書かれている場合もあります。本名はユダではないかということで、ちょっとややこしいですね。
誰と双子だったのか、それともそっくりさんがいたのかなど、なんで双子と呼ばれていたのかはわかりません。

イエス・キリストが復活して弟子たちの前に現れた時、トマスだけがその場にいなかったため、実際にイエスを見て手に空いた穴や槍で刺された脇腹を確認するまでは信じないと言い張る場面があります。
そのため、トマスといえば"疑い深い"という言葉がくっついてくるのです。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2016年9月 6日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「12使徒 その22 これまた衝撃的な象徴」です。

次のブログ記事は「12使徒 その24 トマスの象徴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12