南フランスの風景

| トラックバック(0)

一昨日、本学名古屋キャンパス白鳥学舎を会場にキリスト教文化学会が開催されました。

その時に学長が挨拶のなかで、本学の周りの景色を"南フランスのようにも見えなくない"と紹介されていたので、お昼に名古屋市熱田区だけどここは南フランスなのですとつぶやきながら写真をとってみました。

 

CIMG2031.jpg

 

CIMG2039.jpg

 

CIMG2034.jpgそう・・・心のフィルターをとおしてみれば・・・

CIMG2034.jpg_effected.png_effected.jpg

CIMG2039.jpg_effected.png_effected.jpg

 

CIMG2030.jpg_effected.jpg

 

・・・名古屋市熱田区の堀川のほとりに建つ名古屋学院大学ではなく南フランスのローヌ川のほとりに建つ名古屋学院大学・・・に見えてきませんか・・・

CIMG2038.jpg

 

 

ほら、なんか・・・

だんだんと・・・

 

南フランスはさておき、明日のチャペルアワーではフィリピンに思いをはせるようです。

奨励題は「若者の夢―フィリピンと日本」

11月19日(火)12:40~13:10 名古屋キャンパスチャペルにて

明日は名古屋市熱田区にある南フランスのローヌ川ほとりのチャペルでフィリピンとキリスト教に心をむけましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/3718

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2013年11月18日 15:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キリスト教の暦は5つの季節」です。

次のブログ記事は「北フランス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.9.0