変容、光を帯びる者へ

いよいよ聖霊降臨節に入りました。

のっけからなんのこっちゃ?と思われたかもしれませんが、キリスト教の暦は「春・夏・秋・冬」ではなく「待降節・降誕節・復活前節・復活節・聖霊降臨節」というもので動いているのです。

そしてこれが均等に3ヶ月とかではなく、短かったり長かったりします。

この聖霊降臨節が12月頃まで続く一番長い季節になるんです。

 

そんな新しい季節さいしょのチャペルアワーが明日(5/21)名古屋キャンパスチャペルにて12時40分から行われます。

奨励題「変容、光を帯びる者へと」

聖書箇所はマタイによる福音書17章1~9節

 

なんだかこの奨励題を見ていたらこんな写真↓思い出しちゃいました。

 

題して

変容、光を帯びる者・・・?

 

 

P1040953a.jpg瀬戸キャンパスチャペルにて発光してしまったトナリの上司(仮名)さん。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2013年5月20日 14:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンテコステ」です。

次のブログ記事は「チャペル内の位置取り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12