明日は・・・学位記授与式

明日は本学の学位記授与式です。

卒業される学生さん、支えてきたご家族の皆さま、一足早いですが、おめでとうございます。

学位記授与式が最初から最後まで神様の御心にそうものでありますように。式に集う全ての人のうえに神様の豊かな祝福と導きを祈ります。

 

本学はキリスト教主義学校ですから、学位記授与式も礼拝形式で行われます。

式の中で歌う讃美歌21の465番「神ともにいまして」は送別の歌として有名な讃美歌です。

 

神様が共にいて、これからの歩みを守り、いつも支えてくれますように、困難な状況のなかでも導いてください。また会う日まで神の恵が途切れることなくありますように。

 

こんな祈りがこめられた歌詞です。

 

自分のための祈りでもあります。

その場に一緒にいる人のための祈りでもあります。

 

普段歌わない讃美歌なのですぐに歌えないかもしれません。でも小さな声でもいいので、気持ちをあわせて歌いましょう。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2013年3月15日 09:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「満開!」です。

次のブログ記事は「洗足木曜日 レントその6」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12