瀬戸のチャペル4

| トラックバック(0)

瀬戸キャンパスのチャペル紹介、今回は~

CIMG0626.jpg

チャペルの鐘です。

 

高さ25mのチャペルの鐘塔に据え付けられたチャーチ・ベルは、オランダのプテイ・アンド・フリッツェン社の手によるもの。
直径900mm、高さ 750mm、重さ459kgのシングル・ベルです。
表面には"Elpizomen NGU 1983"と刻まれており、Elpizomenとは「希望する、待ち望む」を意味するギリシャ語のことです。
したがってこの鐘も「希望の鐘」と呼ばれています。(名古屋学院大学ホームページより)


間近で直接見ることはなくても、希望の鐘は日に3回大学周辺に鳴り響きます。

デジタル化が著しい昨今、録音した鐘の音をスピーカーで流すところも多いとききます。どんなに技術が進んでも、本物の鐘の音はやはり真似できません。希望の鐘は耳だけじゃなく心に響きます。

 

さぁ、瀬戸キャンパスチャペル特集、明日がとりあえずの最終回です。最後はやっぱりアレですよね、アレ!気になるアレの貴重な写真をお届けします。お楽しみに。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/2675

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2012年8月 9日 14:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「瀬戸のチャペル3」です。

次のブログ記事は「瀬戸のチャペル5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.9.4