多言語な日

| トラックバック(0)

小さな「ヘェー!」という発見をしたんですが、天気が悪いため写真が撮れずに紹介を断念。また写真が撮れたらご紹介しますね(とひっぱるほどの内容でもないけれど)。

ところで、昨日ペンテコステの紹介をしたわけですが、このペンテコステで思い出したことがあります。だいたいペンテコステは5月~6月にあります。中学生や高校生の時代はちょうどこの頃中間テストの時期ですよね。英単語の記憶に苦しむ時に、このペンテコステの出来事を聞かされるんです。実は聖霊が降った弟子たちは、普段話したこともないいろいろな外国語が急にペラペラになって宣教をはじめたというのです。そうすると思いますよね「ああ、聖霊が降ってこないかなー」もちろん降ってこなかったので自力で挑むしかありませんでしたが。

私の残念な中高生時代の思い出はそっと横に置いておいて、外国語を話しだす弟子たちのエピソードがあるので、ペンテコステには多言語に親しむ日、みたいなイメージがあります。

(伝道師じゃないほう)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/8174

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2021年5月20日 13:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5月23日はキリスト教三大祭の一つ、ペンテコステ(聖霊降臨日)!」です。

次のブログ記事は「キリ絵de大喜利 結果発表!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.7.1