チャペルの変化

| トラックバック(0)

覚えておられるでしょうか?
TOP画像説明の続きでこの画像↓に対して

素材14.jpg

名古屋キャンパスチャペルの内部
この写真はちょっと前のものでして最近新たに加わったものがあるのですがそれはまたの機会にでも...

などと、もったいぶっていました。

では今のチャペルです。
ジャジャーン!

CIMG3667.jpg

講壇に布がかかっています。

CIMG3670.jpg

この布は講壇掛けと申しまして(そのまんまですね...)今の季節にあわせて緑色の布です。

CIMG3669.jpg
金色の刺繍で、ギリシャ語のアルファ「Α」とオメガ「Ω」を組み合わせてほどこしてあります。アルファは最初、オメガが最後のアルファベットになります。

これは聖書の中の言葉がもとになっています。
『神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」』(日本聖書協会『聖書 新共同訳』ヨハネの黙示録1章 8節)

講壇掛けは季節にあわせてかけかえていきます。お越しの際はチェックしてくださいね!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/5076

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2015年8月 6日 13:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「牛柄のネコ」です。

次のブログ記事は「次回予告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.7.1