オキテ 服装編

| トラックバック(0)
雪のことで忘れてしまいそうでしたが実用的なオキテ紹介をしていたんでした。
前回まではこちらからご覧ください。実用的(?)な知識実用的(?)なオキテ紹介概要オキテ、食べ物編オキテ、食べ物編 魚介類

今回は服装編、服装といっても服のデザインは特に大きな制約はありません。

そう、デザインは。

あくまでデザインは。


問題になってくるのはこちら↓

CIMG2311.jpg

組成です!

なんとこの服は着てはいけない服だったのです!!!

前回紹介した触れてもいけないとされる動物の皮を使っていないからいいんじゃないの?と思われるでしょうが、ところがどっこい、この写真の服は着てはいけない重要なオキテ違反があるんですよ。

人工繊維が問題?

いえいえ、問題なのは表地が

ポリエステル 74%
綿        26%

のように混紡(二つの種類の繊維を混ぜて織ること)であることです。
混紡の服を着ることは禁止されているのです(レビ記18章19節)
〇〇 100%の服しか着てはいけないんですよ!

ちなみにレビ記18章19節では他に、二種の家畜を交配させることを禁止してあり、1つの畑には1種類の種しか蒔いてはいけないとされています。

律法を正しく守って生活したい人むけに、"隠れ混紡"(100%と表示してあっても実際にはなにか他の繊維が混ざっている表示偽装)を見つける職業があるそうですよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/3916

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2014年2月18日 12:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドアの隙間」です。

次のブログ記事は「オキテ みだしなみ編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.6.1