チャペルアワー・名古屋の最近のブログ記事

キリスト教的アイロニー

 アイロニー、皮肉とか反語とか逆説とかいう意味ですが、"キリスト教的"アイロニーですからいったいどんなアイロニーなのでしょうか。
明日のチャペルアワーをお楽しみに!

チャペルアワー詳細
日 時  2017年9月26日(火)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  文 禎顥先生(経済学部准教授)
奨励題  「キリスト教的アイロニー」
聖 書  マタイによる福音書10章38~39節

チャペルアワー

 明日は名古屋キャンパスチャペルアワーです。
チャペルアワーは近隣教会の牧師をはじめクリスチャンの方などによるメッセージに耳を傾ける時間です。
開始の少し前からオルガンの調べが静かに響いています。学生への話はキリスト教の話ばかりではなく、人生論や、職業論、恋愛論などにも及びます。
どなたでもご自由にご参加いただけます。
聖書、讃美歌は備え付けのものがございますので手ぶらでお越しください。(通常のチャペルアワーでは献金などはございません)

チャペルアワー詳細
日 時 2017年9月19日(火)12:40~13:10
場 所 名古屋キャンパスチャペル
奨励者 髙見伊三男先生(宗教部長)
奨励題 「本学の特色」
聖 書 ルカによる福音書10章25~37節

ぜひお越しください。

 いよいよ春学期のチャペル行事が最終回をむかえていきます。
まずは名古屋キャンパスのチャペルアワーです。

春学期のしめは木村先生がになってくださいます。
また、今学期最後の聖歌隊賛美も予定されています。隊員も徐々にですが増えております。今学期はこれで終了ですが、秋学期も活動をしますので、参加したい学生さん、お待ちしています。
ということで、ぜひご出席ください。

チャペルアワー詳細
日 時  2017年7月18日(火)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  木村光伸先生(国際文化学部長)
奨励題  「キリスト教主義学校で学ぶということ」
聖 書  ローマの信徒への手紙12章1~8節

営業の心得

 まるでキャリアセンターのブログのような題名ですが、安心してください、キリスト教センターのブログです。
明日のチャペルアワーの奨励を聴けば営業の心得がわかる!?っというわけでぜひお越しください。

チャペルアワー詳細
日 時  2017年7月11日(火)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  福井 智先生(日本基督教団教師)
奨励題  営業の心得
聖 書  マタイによる福音書22章34~40節

そして、明日は宗教講演会もございます。
なんて盛りだくさんな日!

宗教講演会詳細
日 時:2017年7月11日(火)
          1回目講演 13時20分~14時50分
      2回目講演 15時05分~16時35分
場 所:白鳥学舎 希201教室
講演題:わたしの居場所 み~つけた♪
      認め合う仲間と共に・・・名古屋YWCA
講 師:永山峯子   名古屋YWCA 代表理事
     加藤佐紀子  名古屋YWCA会長、フェミニストカウンセラー

2017春学期宗教講演会.pdf


ぜひチャペル行事にご参加ください。
お待ちしております。

恐れを乗り越えて 聖歌隊賛美あり

 もう7月ですね!
7月ということは、なんとチャペルアワー等のチャペル行事、各3回ずつで終了します。
貴重な1回ですからぜひお越しください。
明日のチャペルアワーでは聖歌隊の賛美があります。

日 時  2017年7月4日(火)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  馬場詩織先生(日本基督教団 名古屋東教会)
奨励題  恐れを乗り越えて
聖 書  マタイによる福音書10章26~31節

情けは使徒のためならず

 今週もはじまりましたね。
ようやく梅雨らしくなってきましたね。
地面を潤す恵みの雨ですが、じめっとしてしまいそうな心をチャペルアワーでスッキリさせましょう。

チャペルアワー詳細

日 時  2017年6月27日(火)12:40~13:10 名古屋
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  柳川真太朗(キリスト教センター職員・伝道師)
奨励題  「情けは使徒のためならず」
聖 書  コリントの信徒への手紙二 8章10~15節

お楽しみに!

祈りつつ学び、感謝しつつ働く

 今日の名古屋の最高気温が34度だそうです・・・6月で34なら7月8月はいったいどうなってしまうの!?とそら恐ろしくなっています。
チャペルアワーではきっとつらい季節にも負けないパワーがもらえますよ。
ぜひお越しください。

チャペルアワー詳細
日 時  6月20日(火)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  葛井義憲先生(法学部教授)
奨励題  祈りつつ学び、感謝しつつ働く
聖 書  旧約聖書 コヘレトの言葉12章1~2節

お楽しみに!

御免ねっ!EXODUS

 いつもと雰囲気の違うタイトルで始まっています、キリスト教センターブログです。
「御免ねっ!EXODUS」
"エクソ"まで読んでエクソシスト(悪魔祓い)と早合点されると全然話がかみあわなくなってしまうので注意です、エクソダス、聖書の出エジプト記のことですが、そこから大量の国外脱出という意味でも使われている言葉です。それがわかったところで、何が「御免ねっ!」なのか、気になる奨励題ですが、内容はぜひ明日のチャペルアワーでお確かめください。

チャペルアワー詳細
日 時  2017年6月13日(火)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  杉本和道先生(日本基督教団 各務原教会牧師)
奨励題  御免ねっ!EXODUS
聖 書  出エジプト記20章8~11節

お楽しみに!

グライダー型人間と飛行機型人間

 2017年は6月4日(日)にペンテコステをむかえました。
ペンテコステは聖霊が降り、聖霊に満たされた弟子たちが宣教を開始した教会の誕生日といえる日です。
名古屋キャンパスチャペルのエントランスホールには"炎のような舌""ハトのよう"と表現される聖霊をイメージした飾りが出現しています。

CIMG4132.jpg


チャペルの講壇掛けも赤になっています。このブログもペンテコステに模様替えしています。(変わっていない方は再読み込みしてください)

CIMG4136.jpg

そんな名古屋キャンパスチャペルで行われるチャペルアワーのご案内です。

日 時  2017年6月6日(火)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  文禎顥先生(経済学部准教授)
奨励題  グライダー型人間と飛行機型人間
聖 書  創世記1章28節

ペンテコステの飾りは1週間限定ですからお見逃しなく!

その日、その時は ただ神が知る&聖歌隊

 明日のチャペルアワーのテーマとなっている聖書箇所、自分の墓に刻みたい聖句ナンバー1です。(50年ぐらい先の予定ですが・・・他にも2つ候補があって・・・悩みます)
嬉しい時でも悲しい時でも有頂天な時もどん底の時でも普通な時でも読む度にはっとさせられます。そして今年度から本学に就任された神山美奈子先生がメッセージをくださいますよ!
冒頭に聖歌隊による賛美があります、ぜひお越しください。

日 時  2017年5月30日12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  神山美奈子先生(商学部講師)
奨励題  その日、その時は ただ神が知る
聖 書  ヨブ記1章21節

名古屋英和学校からの出発

 名古屋英和学校、そんな学校があるんだー。
どこにあるのかな、マップで検索・・・しても出てこないですよ。
名古屋英和学校、今は名古屋学院になっているからです。
ということで、明日のチャペルアワーでは本学の創立に関係するメッセージが聴けそうですよ。

チャペルアワー詳細
日 時  2017年5月23日(火)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  黒柳志仁先生(国際文化学部講師)
奨励題  名古屋英和学校からの出発
聖 書  詩編139編7~10節

お楽しみに!

今日も目からウロコ

 「女が生地にパン種を、紛れ込ませると、神の国になる?」という本日のメッセージ、聖書の解釈を聞いて目からウロコが落ちました。
イエス・キリストが神の国が何に似ているか例えている場面がもとになっています。
当時の人からすると、パン種が不吉なものだったそうです・・・発酵がうまくいかないこともあるため不吉なものだと感じたんだそうです。女性は今よりも更に低くみられる時代で、しかも自分でパンを作るということは身分社会がまかりとおっていた時代ですから庶民の女性で、そんな庶民の女性がこっそり不吉なものを紛れ込ませてできるものが神の国だというのです。つまり、神の国は社会から排除された人たちのところにきて、一人一人がお互いを尊重し命を輝かせるようになる、という大雑把な要約です。
今までなんとなくスルっと読んでいたわけですが、たった3行の話はこんなメッセージだったのか!!!と目からウロコだったわけです。

ところで、"目からウロコ"が聖書がもとになっていることわざなんですよ。これも目からウロコでしたか?

女が生地にパン種を、紛れ込ませると、神の国になる?

 長いタイトル、明日のチャペルアワーの奨励題です。
これって、神の国は女性の手作りパン?ということ、ですよね??
手作りパンと聞くと神の国か地獄かあえてどっちかというなら食べて幸せな気分になりそうだから神の国ですが、おいししすぎて天にも昇る気分ってこと???でもまずかったら・・・いやいや、そもそも味の問題じゃないはずだし・・・というようにナゾが深まる奨励題、気になる内容はぜひ実際にチャペルアワーに出席してお確かめください。

チャペルアワー詳細
日 時  2017年5月16日(火)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  後藤香織先生(日本聖公会司祭)
奨励題  「女が生地にパン種を、紛れ込ませると、神の国になる?」
聖 書  ルカによる福音書13章18~21節


わたしのぶどう畑

 GWがあけて最初のチャペルアワーが明日です。
明日の奨励題は「わたしのぶどう畑」です。

なんとなくのどかな雰囲気のタイトルですね。

きもちのいい青空がひろがって、さわやかな風が吹いて、みずみずしいぶどうの若葉が丘一面に広がるような...


でも聖書箇所が雅歌という旧約聖書の書物だというと急にこんなイメージになります。

i02.jpg
なぜなら、雅歌はただのみやびなうたではなく、愛の詩です。しかも聖書なのに「神」という言葉が出てこない、恋人にささやく甘―いポエムからの「わたしのぶどう畑」、どんなメッセージか気になってしまったあなた、ぜひお越しください。

チャペルアワー詳細
日 時  2017年5月9日(火)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  矢部節先生(日本基督教団 尾張一宮教会牧師)
奨励題  わたしのぶどう畑
聖 書  雅歌1章5~7節

ホワイトガーデン

 名古屋キャンパスチャペル周辺はなんじゃもんじゃとコデマリが満開でまるでホワイトガーデンです。

CIMG4112.jpg

CIMG4118.jpg

ちなみに今の復活節という教会の季節のテーマカラーは白なんですよ。偶然にもぴったりの色でいろどられています。

CIMG4113.jpg

明日からGWですね。ブログの更新とチャペルの行事もおやすみです。次回

は5月8日(月)です。ではその8日のオルガンアワーのご案内です。

バロック時代のレント・イースター曲特集第二弾をおおくりします。
メッセージもお楽しみに!

オルガンアワー詳細
日時 2017年5月8日(月)12:40~13:10
場所 名古屋キャンパスチャペル

それでは良い休日をおすごしください。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちチャペルアワー・名古屋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはキリスト教です。

次のカテゴリはカレッジアワーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12