9時12分の驚愕

| トラックバック(0)

数日前の朝、目をさましたら部屋の時計が9:12をさしているではありませんか。
平日、出勤日、もちろん始業時間はとっくに過ぎている。
ギャー!!!?と飛び起きてスマホを確認したら実際は朝の5時過ぎで、9:12なのは時計の電池がきれて止まっていただけだったというオチでした。
本当に良かった・・・。早朝から心肺機能にすごい負担が・・・。
時計がまちがった時間をさしていると困りますよね。そんな今日、6月10日は時の記念日らしいです。これはキリスト教の暦とはまったく関係なく、日本のさだめる記念日です(念のため)そういえばこどもの頃、図画工作で「時の記念日」のポスターを描いたような・・・。
ところで本学では西暦を使っています。
西暦はイエス・キリストの誕生年を起点としてカウントしています。つまり西暦を使って生きるということは、私たちはイエス・キリストに基づいて時を過ごしている、という信仰に繋がっているんですよー、ということをお伝えする本日のブログでした。
(伝道師じゃないほう)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/8602

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2022年6月10日 14:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「神様のなさることの不思議さ」」です。

次のブログ記事は「「旅する器-『土の器』と汽車土瓶-」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.9.4