瀬戸キャンパスは自然豊か。

| トラックバック(0)

ふだんは名古屋キャンパスにいるのですが、オルガンのことで久しぶりに瀬戸キャンパスへ行ったわけですが・・・なんと・・・チャペルの窓をあけたら何かのタマゴが・・・!!?

IMG_1136.jpg_effected.png
ヤモリでしょうか・・・?
・・・チャペル行事もなく、窓をあけることがなかったので良い場所になったんでしょうね。命はこんな窓枠でも育まれるものなんだーと、不思議と感動してしまいました。瀬戸キャンパスにいると自然の中に人間がいるんだという、あたりまえのことを思い出します。

最後にお天気雨の最中の希望館の写真を載せておきます。

IMG_1139.jpg_effected.png

IMG_1140.jpg_effected.png

なんだか建物の窓からも空が見えているのが素敵だなーと思いまして。
(伝道師じゃないほう)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7904

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2020年9月 9日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キリスト教の行事 その13」です。

次のブログ記事は「「ある なし」クイズ! 五問目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.4.1