キリ絵 de 大喜利 No.05

| トラックバック(0)
izaak_jakob_1634_grt.jpg

爺「あの...わし左足を骨折して入院しとるんやけど、そこに体重かけたら痛いの分かる?」


【元ネタ】
作品名:「ヤコブを祝福するイサク」(1634年)
作者:ホーファールト・フリンク(1615~1660年/オランダ)

創世記27章18~29節の場面を基に描かれた作品。父イサクは高齢のため目が見えなくなっていたため、息子ヤコブは、母リベカの策略の通り、毛深い兄エサウのふりをすべく子山羊の毛皮を身体に巻きつけ、長子の権利(祝福)を父から盗み取った。
作者ホーファールト・フリンクは、オランダ出身。レンブラントの工房で助手として働いていたため、彼の作品にはレンブラントの影響がみられる。


(ブログ更新再開しました!今後とも応援よろしくお願いします!)


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7607

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2019年11月25日 10:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「十字架ってCool!」です。

次のブログ記事は「聖書と「良い肉(11/29)の日」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 7.3.0