給食の鬼・キリスト ~お残しは許しまへんでっ~

給食は身近に地域差とジェネレーションギャップを感じるものの代表みたいなものなんですが、メニューだけじゃなくて給食を残してOKかNGかということも全然違っていて、学生さんと話すと私との間に線がしっかりひかれているのを感じます。
ちなみに私は「お残しは許しまへんでっ」世代なので2日に1回は必ず苦手な肉のメニューが出るからいつも・・・・と、話がとまらなくなるのも給食という言葉の特色かも?
さて、なにがどうなって「給食の鬼・キリスト」になるのか、ぜひお聴きください。

<チャペルアワー詳細>
日 時  2018年6月5日(火)12:40~13:10
場 所  しろとりチャペル
奨励者:柳川真太朗氏(キリスト教センター職員・伝道師)
奨励題:「給食の鬼・キリスト
      ~お残しは許しまへんでっ~」
聖 書:ヨハネによる福音書 6章5~13節    


このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2018年6月 4日 14:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「聖なるかな」です。

次のブログ記事は「まちがい探し?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12