十字架への道のり その10

 本日紹介するエピソードは足を洗う話ですよ。
ちょうどこの話があったのが木曜日だったので、この日を記念して"洗足木曜日"と表現したりします。

十字架への道のり その10
食事の席につかれると、イエスはタライに水をくみ、弟子の足を順番に洗っていかれました。実は足を洗うのは使用人や奴隷の役目でしたから、弟子たちは困惑しました。
ペトロの順番がまわってくると、ペトロは恐縮して「私の足など決して洗わないでください。」と断りました。
しかし、イエスは「私に足を洗わせないのなら縁を切る。」とまでいいました。
そうまで言われたのでペトロも足を洗ってもらいました。

ki011.jpg

イエスは弟子たちの足を洗い終えると、なぜこんなことをしたのか説明したのです。
「あなたたちは私のことを『主』とか『先生』と呼んいるけれど、その先生である私があなたたちの足を洗ったのだから、あなたたちもお互いの足を洗いあわなければいけません。」
続く

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2018年2月28日 13:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 十字架への道のり その9」です。

次のブログ記事は「十字架への道のり その11」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12