真夏に!?クリスマスシリーズ その1

 本日より予告通り、クリスマスの物語をご紹介していくシリーズを開始します。

日本でもクリスマスとなれば、街のいたるところにツリーやリースが飾られ、サンタクロースが来ることを楽しみにし、ジングルベルが流れ、盛大にクリスマスを祝う雰囲気ですが、聖書に書かれている最初のクリスマスがいったいどういうものか、丁寧に紹介していきたいと思います。

クリスマスシリーズ その1
ユダヤの国がヘロデ王におさめられていたころ、祭司のなかにザカリアという人がいました。ザカリアにはエリサベトという妻がいましたが、二人の間には長いこと子どもができないまま年をとりました。
ある時、ザカリアが祭司の仕事中に聖所で香をたく当番にあたりました。

ki75.jpg

ザカリアが聖所に入り香をたいていると、なんと天使が香壇の右に立っているのです。

天使に気がつき、恐ろしくなったザカリアに、天使が語りかけました・・・

<続く>

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2017年8月17日 14:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「予告 真夏にクリスマスシリーズ!?」です。

次のブログ記事は「真夏に!?クリスマスシリーズ その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12