神の国が来ますように

 キリスト教では「主の祈り」というお祈りがあります。
祈りは自由な祈りもありますが、決まった形の祈りもあります。「主の祈り」は決まった形の祈りの代表的なものです。
「主の祈り」はどう祈ったらいいでしょうかと弟子たちに質問されたイエス・キリストが、こういのりなさいと教えた祈りです。
その中に「神の国が来ますように」というような文が出てきます。
それぐらいキリスト教の中で大切な考えです。明日のチャペルアワーではこの「神の国が来ますように」という題でメッセージがあります。この大切なメッセージをお聴き逃しなく!

日 時  2016年11月11日(金)13:00~13:30
場 所  瀬戸キャンパスチャペル
奨励者  日高伴子先生(日本基督教団 蘇原教会牧師)
奨励題  神の国が来ますように
聖 書  ローマの信徒への手紙14章17節


このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2016年11月10日 16:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ボランティア報告」です。

次のブログ記事は「キリスト教の11月って」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12