12使徒 その26 マタイ

 マタイによる福音書のマタイはこの12使徒のマタイのことだと思われてきていました。
そんなマタイはどういう人かというと、弟子になる前は徴税人と呼ばれる仕事をしていた人でした。

徴税人はローマ帝国に支払う税金のとりたてをする人です。
ローマ帝国の支配下におかれているユダヤの人たちは、この徴税人がローマの手先になりさがった人として、にくらしい存在だったようです。しかも徴税人のなかには、本来の税額よりも多くとりたてて、差額を自分のものにして私腹を肥やしていた人もいたようで、より嫌われていました。
周りの人からのけものにされている、そんな徴税人のマタイを大切な弟子としてイエス・キリストはむかえいれました。

ということで、マタイの象徴は徴税人らしく、財布です。

ki58.jpg

財布といっても、2000年も前の話ですから、今みたいな財布ではなく、きんちゃく型なんですね。


このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2016年9月 9日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「12使徒 その25 トマスにちなんだ名前」です。

次のブログ記事は「12使徒 その27 マタイにちなんだ名前」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12