12使徒 その② たくさんの名前を持つ男!

 イエス・キリストの弟子の中でたぶん一番有名な弟子、ペトロについてご紹介したいと思います。
聖書の中でこの人は3つの名前で登場します。

ペトロ
シモン
ケファ

本名はシモン・バルヨナといいます。
ですが、アラム語で岩という意味のペトロというニックネームでイエス様から呼ばれていました。
さらにペトロをギリシャ語にしてケファと書かれている場合もあります。

そして、さらに日本で現在はペトロと呼ばれていますが、今使われている『新共同訳聖書』より以前の聖書ではペテロとなっていたので、昔の聖書に親しんでいた人はいまだに「ペテロ」と呼ぶことが多いです。

そんなわけで、ただ12人の名前を覚えるだけでもややこしいのに、一人で3つ(4つ?)の名前があってややこしさに拍車をかけている、そんなペトロです。

次回はペテロの有名なエピソードをご紹介したいと思います。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2016年8月 3日 11:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「12使徒 その1 まずは全員の名前から」です。

次のブログ記事は「12使徒 その3 一番弟子でも失敗ばかり!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12