思い出の中にある将来

| トラックバック(0)

 またまた混乱するような奨励題がやってきました。「思い出の中にある将来」なんだそうです。自分の将来は思い出の中にあるんだーなんて友人が言っていたら、将来が思い出の中にあったらもう将来じゃないんじゃないかとか、将来がちょっとカビたにおいがしちゃうんじゃないかとか、すっごい後ろ向きだけど疲れたの?なんかあったの?もっと未来を向いた方がいいんじゃない?なんか嫌なことでもあった?力になれるかわからないけど話ぐらいなら聞くよ?などなど心配になりそうですが、これはチャペルアワーの奨励題です。きっと今までとは違う新しい境地を切り開くメッセージがそこに込められているのです!!
ぜひお越しください。


チャペルアワー詳細

日 時  2016年6月21日(火)12:40~13:10
場 所  名古屋キャンパスチャペル
奨励者  黒柳志仁先生(国際文化学部講師)
奨励題  思い出の中にある将来
聖 書  詩編143編5節

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/5601

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2016年6月20日 15:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「祈りの曲」です。

次のブログ記事は「宗教講演会のご案内」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.9.2