クリスマスの意味

 クリスマスイヴになりました。
クリスマスChristmasはキリストChristのミサ(礼拝)massがもととなっています。イエス・キリストの降誕を記念し礼拝をささげる日です。イエス・キリストは神の子ですがこの世に人間となって生まれ、そして私たち全ての人の救いのために最後には十字架の死をとげます。イエス・キリストの誕生は同時に十字架の苦しみの死につながるものです。だから単純なお誕生日会ではないのです。最も素晴らしいプレゼントを神が私たちに与えてくださったことを喜び感謝する日です。
そのイエス・キリストが伝えた大切なことは神を愛し、隣人を自分のように愛することです。イエスはその実践として貧しく偏見にさらされ悲しんでいる人と共に歩まれました。
街中のイルミネーションや飾りを見ていると、にぎやかで楽しいお祭りとしか思えませんが、クリスマスの本来の意味を心に留めて、イエス・キリストの降誕の喜びを感じていただけたらと願います。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2015年12月24日 15:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クリスマス礼拝」です。

次のブログ記事は「2015年最後の更新」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12