ノアの箱舟、洪水の仕組み

閑話休題?
ノアの箱舟の真っ最中ですが、たまにはトリビア的なものでもと...
以前にもこんなものを載せたのですが

ame.gif

この時代、雨の降るメカニズムはこんな風に考えられていました。
洪水の場面、聖書には深淵の源が裂けて、天の窓が開かれて地上に洪水が起きたと記載されています。

当時の人は、水は大地の下と上の二つにわかれていて、そこから水が出てくると思っていたのです。

ki33.jpg

それは聖書の創世記で天地創造の場面にでてきています。

『神は言われた。「水の中に大空あれ。水と水を分けよ。」神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。神は大空を天と呼ばれた。
夕べがあり、朝があった。第二の日である。  』
日本聖書協会『新共同訳約聖書』創世記1章6~8節

そんなわけで次回はノアの箱舟5になります。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2015年8月24日 15:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ノアの箱舟4」です。

次のブログ記事は「ノアの箱舟5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12