ノアの箱舟2

ノアの箱舟2

ki29.jpg

神がノアに伝えた箱舟の仕様はこのようなものでした。
「ゴフェルの木で3階建ての小部屋がたくさんある箱舟を造りなさい。内側と外側にタールを塗りなさい。長さ135メートル、幅22.5メートル、高さ13.5メートルで上から45センチの明り取りにして仕上げなさい。船の側面に戸口をつけなさい。」

続く

船の寸法はわかりやすくメートルになおしました。実際にはアンマという単位が使われています。アンマは人の肘から中指の先までの長さを1アンマとします。約45センチメートルということで計算してあります。
箱舟は長さ300アンマ、幅50アンマ、高さ30アンマとなっています。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2015年8月19日 11:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ノアの箱舟1」です。

次のブログ記事は「ノアの箱舟3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12