モーセの出エジプト記2

| トラックバック(0)

雪ガフブイテイマス。今日ノ最高気温ハ4℃ダソウデス。冷エテシマッテ指ガツッテイマス。寒クテ思わずカタカナにナッテしまいマス。チョットとけてきたところで、モーセの出エジプト記の続きへいきたいと思います。

2.
ヘブライ人の増大を恐れるファラオは、なんとヘブライ人に赤ちゃんが生まれて、その子が男の子なら、ナイル川へ放り込めという命令を出したのです。

ヘブライ人のある一家に男の子が生まれました。もちろんかわいいわが子をナイル川に放り込むなどできません。赤ちゃんは3か月間隠して育てていましたが、とうとう隠しきれなくなりました。赤ちゃんをナイル川へそのまま放り込んだらあっという間に死んでしまうにきまっています。家族は籠を用意して、ナイル川の葦(あし)のしげみに赤ちゃんを浮かべました。

ki07.jpg

するとその籠をある人が見つけたのです。その人は...

続く

前回の復習はこちらから→モーセの出エジプト記1

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/4722

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2015年2月 9日 11:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モーセの出エジプト記1」です。

次のブログ記事は「モーセの出エジプト記3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.7.0