りくごう

六合館(りくごうかん)は基礎医学実験室、解剖学実習室が入っている大きな建物です。

CIMG2766.jpg

斜面に建っているため、正面から見ると大きさがわかりませんが、ちょこっと横から見るとこの通り↓

 

CIMG2768.jpg廊下からは名古屋の風景までも一望できます。

素晴らしい見晴の良い廊下です。

CIMG2781.jpgCIMG2782.jpg

聖書の言葉

初めに、神は天と地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。
(創世記 第1章1-2節)


聖書の解説

「六合」と言う言葉は元々、『続日本紀』『神皇正統記』にも出てくる日本古来の言葉で、直接、聖書の表現にはありませんが、「東、西、南、北に天と地」を合わせて六合と呼ぶのは、神様が創られた宇宙(コスモス)を意味し、宇宙の真理を探究する大学本来の姿を象徴したものです。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2014年9月 1日 13:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「580になりました。」です。

次のブログ記事は「続 頭やわらかクイズ1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12