短い1つの言葉

| トラックバック(0)

7月から瀬戸キャンパスチャペルが工事期間に入るため、春学期にチャペルで行われる最後のチャペルアワーが明日あります。(7月からは教室で行われます)
6月27日(金)13:00~13:30
奨励は日本基督教団 坂下教会牧師 木下忠司先生にしていただきます。
題は「短い一つの言葉」
聖書はマルコによる福音書7章31~37節です。

ところで、聖書には4つの福音書が入っているという話をこの記事(→こだわりの理由)でいたしました。
・マタイによる福音書
・マルコによる福音書
・ルカによる福音書
・ヨハネによる福音書
このようになっています。
4つともイエス・キリストの生涯を描いていますが、それぞれの視点でかかれています。

マルコによる福音書は、もっとも古い福音書です。他の福音書に比べて短く、だいたい3分の2ぐらいの長さです。
マルコによる福音書の特徴は「シンプル!」でしょうか。
つまりマルコによる福音書が先に完成しているので、他の福音書は別の視点で書かれていったということがわかります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/4216

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2014年6月26日 15:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「咲きかけ」です。

次のブログ記事は「1曲ご紹介」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.8.0