春三番

| トラックバック(0)

今日は、突然強い風が吹いて、「ゴー、ゴー」という隙間を通りぬける音がキリスト教センターの事務室に、何度も聞こえてきた。廊下に出て、ガラス越しに外へ目をやると、木の葉やゴミが、あっちへ、こっちへと転げ回っている。

CIMG2609a.jpg

「春一番?」と思ったが、「三番目」くらいじゃないかと思いなおした。野球でいうなら三番バッター。一番いいところでボールを打つ。三番目の春風は、何を打ちに来たのだろう。桜の花だとしたら、カラ振りをしてもらいたいものだ。


聖書には風のことが聖霊にたとえられている。

風も聖霊も目には見えないが、多くの場合、人を心地よくさせてくれる。聖霊がみなさんにカラ振りしないで、確実に皆さんに当り、恵みと、平安を賜りますようにと祈りたい。

トナリの上司(仮名)より

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/4007

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2014年4月 4日 16:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「次にしたことは」です。

次のブログ記事は「瀬戸と名古屋の桜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.9.4