キリスト教の暦後半

11月最後のオルガンアワーが25日(月)12:40~13:10に行われます。

キリスト教の暦(こちらをご参照ください→キリスト教の暦は5つの季節

5つの季節のうち前回はイースターの曲までを演奏しましたが、今度は後半のペンテコステ、聖霊降臨節の曲を予定しています。

前半4で後半1とは比率がおかしい!と思われるかもしれませんが、

12月~12月24日ぐらいが待降節

12月25日ぐらいから2月ぐらいが降誕節

2月ぐらいから3月ぐらいが受難節

3月ぐらいから5月ぐらいが復活節

5月ぐらいから11月ぐらいが聖霊降臨節

ということでこの聖霊降臨節が1年の約半分をしめています。前半の4つの季節はイエス・キリストの生涯、そして聖霊降臨節は教会(人)の季節そんなイメージがあります。祈る時期、平和を考える時期、収穫感謝、終末を思うなど聖霊降臨節のなかでも色々な行事が入っている盛りだくさんな季節です。

 

あ、上の「〇月ぐらい」って表現だらけになっているのは自信がないせいではなくて(かといって自信もありませんが)毎年日程が変動すためです。

前半を聞き逃した方もお楽しみいただけるようプログラムを組んでいます。

お待ちしています。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2013年11月22日 13:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「思い出のなかに」です。

次のブログ記事は「神の業が現される」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12