今は見える

| トラックバック(0)

以前は見えなかったものが今は見える。

 

「見えないものに目を注ぐ」と題しての本日のチャペルアワー、『アメイジンググレイス』などの讃美歌の作詞者、ジョン・ニュートンと、ファニー・ジェーン・クロスビーという讃美歌の作詞者の生涯から伝わってくるメッセージをききました。

 

冒頭の言葉はジョン・ニュートンが年老いて視力を失った後の言葉です。

ジョンは若いとき、肉体の視力があった頃には奴隷貿易船の船長をしていました。

でもその頃は見えていなかったというのです。

奴隷貿易に関わった自分の罪を告白して、奴隷貿易船廃止のために人生をささげたジョンが失明後に「以前は見えなかったものが今は見える」と確信をもっていっていることがとても心に残りました。

 

ファニー・ジェーン・クロスビーは生後6週間の頃、医療ミスで失明してしまいました。でも彼女は失明したことによって人生が豊かになった、神様の恵みとして受け止めていました。

ジェーンの作詞した讃美歌『イエスのみ腕に』を紹介してくださいました。とても心に響く詩でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/3654

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2013年10月29日 16:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「目を注ぐ」です。

次のブログ記事は「ネコとイヌとカレッジアワーとチャペルアワー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.9.4