その名も・・

さて、昨日の記事にて紹介したてふてふ

名前が判明しました!

 

その名も ナガサキアゲハ です。

本学の先生から教えていただきました。

 

CIMG1818.jpgこのナガサキアゲハはメスだそうです。

ナガサキは長崎のことで、中部地方以西に分布していて、愛知にもいるそうですが、街中ではあまり見かけないそうです。

こうやってブログで紹介したところから一つ知識が増えていくのは嬉しいです。

 

気になってナガサキアゲハを検索してみたところ、オスは全体的に黒っぽく一回り小さいようです。暖かいところに生息するため、温暖化の指標になっているとか。

まわりをよく見ていれば気がつくことでも、自分の興味あることだけしか見ていないと気がつかない、気がつけないことがあると改めて思いました。歩いている時でもスマートフォンに釘付けになっている人をよく見かけますが、身近にある大切なことを見逃しちゃうことって多いからもったいないなと思います。

 

敬神愛人の精神も、人やまわりをよく見ていないと誰かが困っていても気がつけないし、何か問題があっても知らずにいてしまいます。

たまにはスマートフォンから目を上げて、まわりを見るのも重要なことですよ。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2013年7月25日 13:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「てふてふ」です。

次のブログ記事は「ラジオのお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12