創世記2章~ その5

天地をつくり、アダムをつくり、エデンの園をつくり、植物をつくり・・・次にできたのは・・・

 

獣と鳥です。

 

エッ!?ってかんじですよね。

進化論どこいった!!?ってかんじですよね。

クリスチャンはこの流れをそのまま信じてるわけではないので・・・。じゃあ信じてないものをなぜ信じるのかとか・・・・訂正しないかというと・・・その文章に込められているメッセージが大切だからです。

文脈を読むってやつです。

でも読み方は人それぞれだから唯一の正解なんてありません・・・考え方、読み方、とらえ方は無数にあると思います。

 

 

さて

動物がつくられる前、アダムは世界で唯一の生き物でした。

そしてそんなアダムを見て・・・

 

主なる神は言われた。「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』創世記  2章 18節

 

ということで動物がつくられました。

ここから長くなりそうなので続きはその6にて。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2013年2月 6日 10:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「創世記2章~ その4」です。

次のブログ記事は「創世記2章~ その6」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12