きりがいい

| トラックバック(0)

昨日のブログにて、1月23日だから123だとか、「主よ憐れんでください」をラテン語で「キリエ・エレイソン」といいますと書いたんですが・・・

 

なぜかトナリの上司(仮名)さんが数回くり返していたことが・・・。

何がいいたかったのか、その時まったくわからなかったけど、今日になってようやくわかりました。

 

「123って本当にキリがいいね。123はキリがいいんだとさ。きりがええぞ

 

 

なかなかの傑作でした。

 

 

それはともかく、「主よ憐れんでください」の「憐れむ」ってふだん使わないことばですよね・・・・。

いいかえるなら・・・・

「聞いて」

「助けて」

「私を忘れないで」

「一緒にいて」

「愛して」

こんな・・・感・・・・・じ・・・・・!?

書いといてなんですが、一瞬ひきました。でも相手は神様ですから・・・・。

 

神様は人の苦しみも悲しみも願いもすべてお見通しで、そんな神様のことを信じているのに、それでも言わずにいられない心の叫びのようなものだと思います。

こんな心の叫びを堂々と口に出すって、なかなかないですよね。

心が迷ったとき、疲れたとき、こんな言葉があったなーって思い出してください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/3004

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2013年1月24日 15:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1.2.3.」です。

次のブログ記事は「人はパンだけで生きるものではない・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.9.4