世界の最初の一週間3日目

創世記の天地創造物語を追っていくシリーズ3回目。

 

第三の日イメージ画

sozo3.jpg

『神は言われた。「天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ。」そのようになった。神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。

神はこれを見て、良しとされた。

神は言われた。「地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ。」そのようになった。地は草を芽生えさせ、それぞれの種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける木を芽生えさせた。

神はこれを見て、良しとされた。

夕べがあり、朝があった。第三の日である。 』

日本聖書協会『新共同訳約聖書』創世記1章9~13節

 

3日目にして地と海と植物が出来上がりました。

2日目に海が出来ているように思いそうですが(9/6ブログ参照)、陸が出来て初めて天の下の水が海と定義されている点が面白いなーと私は思いました。

4日目はお馴染みの〇〇と■が創造されますよ~。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2012年9月 7日 10:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世界の最初の一週間2日目」です。

次のブログ記事は「世界の最初の一週間4日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12