世界の最初の1週間1/7

66分の1の創世記をせっかくなのでもうちょっと詳しくご紹介することに。

 

最初は天地創造の物語。創世記で、神は世界を1週間で作り上げた、と書いてあります。

というわけで今回は1日目の出来事をご紹介↓

 

初めに、神は天地を創造された。 
地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。
神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。
夕べがあり、朝があった。第一の日である。
日本聖書協会『新共同訳約聖書』創世記1章1~5節 


第一の日イメージ画

sozo1.jpg

 

鵜呑みにすると非科学的な話ですが、そのまま受け止めるのではなくこの中にどんなメッセージが込められているのかを考えて読む必要があります。

 

この箇所に近い内容が、創世記からずいぶん後に書かれた新約聖書、ヨハネによる福音書の冒頭にあります。

 初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。
言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。 
日本聖書協会『新共同訳約聖書』ヨハネによる福音書 1章1~5節

 

 

蛇足:「光あれ」というと以前ブログの載せた下のイメージ思い出しましたー。懐かしいー。CIMG0274.jpg

あらためて、やっぱり、↑これは、絶対に違うと思いました。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2012年9月 5日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「センター解説・その5」です。

次のブログ記事は「世界の最初の一週間2日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12