瀬戸からのお便り

| トラックバック(0)

瀬戸キャンパスには白鳥がゆったりと泳ぐ池があります。池のまわりには森や花々が生き生きとと息づいています。今はクローバーがたくさん咲いています。

 

CIMG0286.jpg

 

さて、このクローバーですが、三つ葉が主流ですね。

この三つ葉に象徴されるのが神様を表す「三位一体」です。皆さん聞いたことがおありですか?

 

つまり、三枚の葉がバランスよく合体してクローバーが表現されているように、神様も、御父と御父がこの世につかわしたキリスト、そして霊である聖霊。父と子と聖霊。この3つが1つの神様を表しているというのです。

 

clo.jpg

 

難しいですねー!

 

 

さあ、6月6日(水)のお昼のオルガン演奏では「三位一体」の記念日に歌われる讃美歌と「子どものいる風景」と題して、こどもをうたった讃美歌を弾かせていただきます。

6月10日は多くのプロテスタントの教会で子供祝福式が行われます。

 

子どもを大切にする世界であってほしいものですね・・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/2534

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2012年6月 5日 09:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「真ん中に出なさい」です。

次のブログ記事は「SKA42」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.8.0