名古屋発祥の人気バル・・・?

| トラックバック(0)

名古屋の街中を歩いていますと、「がブリ」・・・何とかっていう、人気バルをよく見かけます。
あの看板を見るたびに、ついついこの天使のことを思い出してしまうのは、きっと僕だけでしょう。

天使ガブリエル01.jpg

天使「ガブリエル」さん。イエスの母マリアの前に現れた天使です。
(父ヨセフや東方の博士たちのところに現れた無名の天使も、伝統的にこのガブリエルと同一視されます。)

ガブリエルは、新約聖書では『ルカによる福音書』に描かれるイエス誕生をめぐる物語のみ、旧約聖書でも、『ダニエル書』という書物の中に幻の存在として現れるだけです。

ただし、旧約と新約の中間時代にあたる紀元前1~2世紀のあいだに発展したユダヤ教によれば、ガブリエルはミカエルなどと共に「7大天使」として数えられ、様々な役割を担うと考えられるようになったようです。そのような背景があって、新約聖書にも名前が挙げられているというわけなんですね。

天使が人々の前に現れるとき、それは神の言葉や御旨を人間に伝えるというメッセンジャーとしての役割を担っています。

マリアの前に突如姿を見せたガブリエルは、受胎告知をする前にこのような言葉を彼女に告げます。

「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」(ルカ1:28)

このように、重要な要件を告げる前に「おめでとう!」と一言いってから話し始めてくれると親切ですよね 笑


ちなみに、「ガブリエル」という名前は、他の聖書の登場人物や天使たちの名前と同様、欧米でよく使われている名前の一つです。

アメリカ社会保障局の調査によりますと、過去100年間で、「Gabriel(ゲィブリエル)」という名前を持つ男性の人数は 344,424人 、第87位にランクインしています。ちなみに、男性の名前として最も多く使われているのは「James(ジェイムズ)」、およそ2~3人に1人の割合だそうです。
(参照:https://www.ssa.gov/oact/babynames/decades/century.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7654

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2019年12月18日 10:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「転ばないようにね、子ロバさん」です。

次のブログ記事は「本日「大学クリスマス礼拝」開催!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 7.2.1