R&E Week前半のイベントのご報告

R&E Week前半のイベントが終了しました。
月曜日は聖歌隊によるゴスペルを中心とした礼拝でした。

CIMG4498a.jpg

CIMG4496a.jpg

伝統的な讃美歌とはまた違った賛美の声がチャペルに響きました。

本日は日本聖公会司祭のヨセフ 下原 太介先生をお招きして聖公会の礼拝の形式の中から「昼の祈り」による礼拝を執り行っていただきました。

CIMG4504a.jpg

チャペルアワーの様子

CIMG4512a.jpg

ヨセフ 下原 太介先生

十字架とろうそくを用意してくださり、雰囲気の違う礼拝になりました。
同じキリスト教だけれど見た目から違いを感じた学生さんもいたようです。
奨励の中で、違いがある、でも同じであるということを忘れてはいけないというメッセージに、R&E Weekのテーマである様々なキリスト教の在り方を体験し、その中にある"信仰の一致"を肌で感じる機会になりました。

R&E Week後半の行事は
11月1日(木)
12:40~13:10 (名古屋)  グレゴリイ 伊藤 慶郎 氏
(名古屋ハリストス正教会)
11月2日(金)
13:00~13:30(瀬戸)  ブー・カイン・トゥオン 氏
(カトリック多治見教会)
となります。
入場無料。学外の方も歓迎いたします。ぜひご家族やお知り合いの方をお誘いあわせの上お越しください。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2018年10月30日 16:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「聖公会の「昼の祈り」」です。

次のブログ記事は「ハリストス正教会について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12