花の日・こどもの日は本学とも関わりがあった?

 本学はメソジストの流れをくむキリスト教主義大学です。メソジストは日曜学校と呼ばれる勉強の機会に恵まれないこどもたちへの教育活動などに熱心でした。花の日・こどもの日という行事もこどもの教育のためにできた行事の一つです。
150年ほど前、アメリカのメソジスト教会が6月第2日曜日を「こどもの日」としました。アメリカでは一年中で一番花が咲く季節だそうです。(だからジューンブライドなんていわれるようになったんですかね?)教会へそれぞれ家から花を持ち寄って礼拝堂を飾り、礼拝後、その花をこどもたちが持って病院を訪問したり、交番や消防署や色々な施設を訪問するという行事です。こどもたちが自分たちで何か人のためになることをしたり、人に感謝の気持ちを表す教育的な行事としてできました。
そういう教育への熱心さから本学のようなミッションスクールが建てられ、現在まで続いています。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2016年6月14日 16:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「...ではありません!!?」です。

次のブログ記事は「カレッジアワーのご案内」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12