聖書とサル

 2016年になって半月が経とうとしていますが、昨日2015年と書いてしまいました...。どうもまだ馴染めていないようです...。ところで、今年はサル年でしたね。聖書にサルなんて出てきたっけ?と思いつつ調べてみたところ猿が2か所出てきました!!!
列王記上10章 22節、歴代誌下9章 21節にあります。どちらもタルシシュという地からの船に金、銀、象牙、猿、ひひが積まれてやってきたというような記述です。
金、銀、象牙と並んで猿がいるんです。どうも猿はとても高価な扱いだったようです。
2016年になってこれまた一つ新しい知識を得ることができました。

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2016年1月14日 15:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「何度聴いても...」です。

次のブログ記事は「ようやく今の季節っぽくなりました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12