パイプオルガンアワーとは?

| トラックバック(0)

最後にパイプオルガンアワーってなんだ!?の復習です。
パイプオルガンアワーは、讃美歌を中心にキリスト教音楽に耳を傾ける時間です。使用されるには瀬戸キャンパスチャペルのパイプオルガンです。故辻宏氏作の設計・製作によって1984年10月に設置されました。パイプの総数は997本あり、これを手鍵盤2段、足鍵盤1段、14ストップを組み合わせることでさまざまな音色を奏でることができます。オルガンケースからパイプ1本1本に至るまで、すべて手作りです。

CIMG0480.jpg

入場無料、入退場自由となっています。一般の方もご自由にご参加ください。

場  所  瀬戸キャンパスチャペル
毎月第3水曜日 13:00~13:30
開催日  12月16日(水) ※10月、11月はチャペル工事のためお休みさせていただきます。

次回は最終回、パイプオルガンアワーについておおくりします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/5115

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2015年9月16日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オルガンアワーの復習」です。

次のブログ記事は「創造の自由」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.9.2