ヨナのぼやき

暑い日々が続いていますね。「暑い、暑い」とぼやきたくなるくらいです。聖書の中にも暑くてひどくぼやいた人が登場しています。ヨナという人です。どんなふうにぼやいたかといいますとこう言ったんです。
「生きているより、死ぬほうがましです」
太陽に照りつけられて、死にたいくらい、暑い思いをしたのでした。

このヨナのお話は旧約聖書の「ヨナ書」に掲載されています。
どうしてそんな暑い思いをすることになったか、興味がわいてくるかと思います。暑さを通じて神様は、一人の人間「ヨナ」に伝えたいことがあったのです。そのことがヨナ書に物語風に書かれています。学生のみなさん。暑い日に「ヨナ書」を一読してみてはいかがでしょうか。道端の木々が愛しく思えてくるかもしれませんよ。

トナリの上司(仮)より

このブログ記事について

このページは、キリスト教センターが2014年7月29日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オープンキャンパス2014」です。

次のブログ記事は「○○ばっかり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ウェブページ

  • information
Powered by Movable Type 5.12