名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > DVD紹介 > ハロウィンなので

ハロウィンなので

こんにちは学生サポーターのさとぅーです。

このブログを執筆している時はハロウィン直前で、学術情報センターの中もハロウィンの雰囲気になっています。
ハロウィン=コスプレのイメージがありますが、自分は期間限定のコンビニスイーツのイメージがあります。カボチャを使用したスイーツは非常に気になるのですが、毎年買わずに時期を逃します。今年こそは・・・と思うのですが結局まだ買ってません。
ついつい普段買うスイーツを買ってしまいます。

執筆がハロウィン直前ということでホラー・・・ではなく、お菓子関係の作品を紹介したいと思います。
今回紹介する作品はこちらです。
「チャーリーとチョコレート工場 DVD」の画像検索結果
    「チャーリーとチョコレート工場

あらすじ:
ウィリー・ウォンカのチョコレート工場では、どんな驚きがあなたを待っているでしょう?
チョコレートの部屋ではミント風味の砂糖で出来た草のフィールドを探検し、チョコレートの川を砂糖菓子のボートでセーリング。
発明室では食べても減らないキャンディーを体験し、ナッツの部屋では賢いリスたちを観察し、そしてガラスのエレベーターでテレビの部屋へ。
それはすごく楽しくて、ちょっぴり不思議、そしてウォンカ特製のチョコレート・バーみたいに、とっても美味しい大冒険。(Amazon引用)

ジョニー・デップがチョコレート工場の工場長?をしていて、その工場に子供たちが工場見学に行くお話です。
自分のジョニー・デップのイメージは変わった役をやっているというイメージなのですが、この作品のジョニー・デップも結構変わっています。

作中で色々な変わったお菓子が出てきて、子供心に衝撃を覚えた記憶があります。
この作品を見る際には、ぜひ童心に戻って様々なお菓子にワクワクしてみてください。

この作品は、曙館4階の学術情報センターにありますので、ぜひ視聴してみてください。

以上、一番衝撃を受けたシーンは試作品のガムを食べるシーンだった、学生サポーターのさとぅーでした。

(学生サポーター:さとぅー)

2017年10月31日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ