名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

学術情報センター利用案内・お知らせ

■開館時間・案内■ 開校期間 

学情センター

授業開講日・試験週間 8:45~20:00(土日閉館)

長期休暇期間  平日 8:45~17:00(土日祝および大学休業日は閉館)

詳しい開館時間は図書館ホームページをご確認ください。

開館カレンダー

各教室のソフト環境 ●よくあるPC相談集

■注意事項■

教室・学情内は飲食禁止です。 学情4Fはふたのついた飲み物のみ許可しています。

携帯電話、トランプ、ゲーム、遊戯など他の学生の迷惑となる行為は禁止です。

■information■

「学術情報センター」とは「図書館」と「情報教育センター」を合わせた総称です。

最新情報

【新着DVD】怪物

こんにちは、ニコルです😸

新入生のみなさんはご入学おめでとうございます!🌸

学術情報センターにある魅力を積極的に発信していこうと思いますので、たくさん来てね!

                

今回紹介する新着DVDは・・・

                                        

怪物

怪物 : 作品情報 - 映画.com

【あらすじ】

大きな湖のある郊外の町を舞台に、息子を愛するシングルマザー、生徒思いの小学校教師、孫を亡くしたばかりの校長、そして無邪気な二人の子どもたちという登場人物のそれぞれの視点から、学校で起きた"事件"を描き出す。 彼らの主張は食い違い、次第に社会やメディアを巻き込み大ごとになっていく。

                           

昨年公開された数ある映画の中で、私にとっては一番の作品です。

複数の視点で描かれたことによって、観客の感情を随時揺さぶる構造。

話しが進んでいくと「怪物」が一体何を表すのかが明瞭になっていきます。

                                                          

ラストはいろいろな考え方があると思いますが、私はダムが決壊したほどの涙を流しましたし、明かりが点灯してからもすぐには座席から立てない状態でした。

映画そのものが面白く見ごたえがあるのはもちろんなのですが、

「物事は多方面から見るとこんなにも違って見えるのだな」といった客観的な発見にもつながりました。

映画は、自分ではないものになれる。或いは、自分ではないものの感じ方を視覚で知れる唯一の場だと考えています。

『怪物』を観てその意識がより高まりました。

                                                          

世界中の人々がひとつの考えに縛られることなく人生を楽しめたらいいですね。

あくまでも私の感想なので堅苦しくならずに、ひとつのエンタメとして鑑賞するのもいいことです。

一度は観てほしい作品なのでぜひこの機会に!


〇配役について

日本アカデミー賞、みなさんは観ましたか?

安藤サクラさん、見事に2冠!!素晴らしかったですね!!!!!

小学生役をこなした黒川想矢くん・柊木陽太くんも新人俳優賞を受賞していましたね!!

正直、異様なほどに「子ども」の演技が上手くて怖くなります。あんな逸材を二人も見つける是枝監督、すごいですね.......

怪物は韓国でも人気があるそうなのですが、この二人が鑑賞者から黄色い歓声を浴びていて目を見開きました。

将来が楽しみですね。

そして音楽は坂本龍一さんです。

                                       

                                    

人は誰しも怪物を飼っている。

この言葉が、現代社会に対する教訓のようにも思えます。

素晴らしい作品をありがとう、と伝えたいです。

DVDはデスクトップPCで手続き不要で観られるようにもなりました!

ぜひ、4階学術情報センターの新着コーナーをチェックしてみてくださいね。

2024年4月12日 学生TA |

はじめまして~!

こんにちは、今日から学術情報センターで学生サポーターをさせて頂くキリマロです!

ブログを書くのは初めてですので、至らない所もありますがどうぞお付き合いください😊

改めまして、一年生の皆さまご入学おめでとうございます!🌸

初めての大学生活はどうですか?

初めてのことばかりで大変だと思いますが、段々慣れてくると過ごしやすくなってきますよ~

一緒にキャンパスライフを充実させていきましょう!💪

ところで、皆さんは長い春休み何をして過ごしていましたか?

私は、家で映画を観あさっていました~

夢中になると時間が過ぎていくのはあっという間ですよね...

私は、春休み中にハリーポッターの全作品を見直してみました。

やはり、子供の時に観た時より面白さが100倍変わりました!

魔法の世界はいくつになっても憧れちゃうな~(*ノωノ)

これまでにも、本や映画をたくさんみてきました。

いろんなジャンルを皆さんに少しずつでも紹介していけたらと思っています!

これからどうぞよろしくお願いします😊

(学生サポーター キリマロ)

2024年4月11日 学生TA |

2023年度DVD年間視聴ランキングベスト10!

こんにちは!ひつじです🐑

今回は、学術情報センター4階 DVDコーナーに所蔵されているDVD作品の中から、2023年度皆さんに多く観られたDVD作品TOP10を発表しようと思います!

新作から旧作、名作からマニアックな作品まで、沢山の作品が揃っている学術情報センターの中で皆さんに最も視聴された作品は一体どの作品なのでしょうか!

とても気になります😸

まずは10位から4位までの発表です🐑

10位:死刑にいたる病

9位:ダンジョンズ&ドラゴンズ : アウトローたちの誇り

8位:アベンジャーズ

7位:ハリー・ポッターと賢者の石

6位:マレフィセント

5位:リトル・マーメイド (実写版)

4位:すずめの戸締まり : Suzume スタンダード・エディション

10位~4位はこのようなラインナップになりました!

2023話題作の「リトルマーメイド」や、2022年の話題作である「死刑にいたる病」、「すずめの戸締まり」などはもちろん、大人気映画シリーズの第一作目として知られる「ハリー・ポッターと賢者の石」や「アベンジャーズ」など、幅広いジャンルの作品がランクインしました!

続いて3位~1位の発表です!

実写版「リトルマーメイド」や「すずめの戸締まり」などの話題作を抑え、名古屋学院大学のDVDコーナーで最も視聴された作品はどの作品なのか!!!

3位:流浪の月

2位:母性

1位:ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー

凪良ゆうさんの本屋大賞受賞作である同名小説を原作とした映画、「流浪の月」が3位にランクインしました!

また、2位にも同じく小説が原作の映画作品、「母性」がランクイン!

そして1位は、、、2023年4月に公開され、世界的な大ヒットを収めた「スーパーマリオブラザーズ・ムービー」でした~㊗㊗㊗

これはだれもが納得の1位ですね^^

どれも気になる作品ばかりでした😸

学術情報センターではこれらの作品が無料で視聴可能なので、ランキングの中に気になる作品があったり、まだ観れてないよ~って方、ぜひ学術情報センターへ足を運んでみてください!!! ランキングコーナーも設置しています👍

20232023年度DVDランキングポスター.jpg













ranking.png

2024年1月24日 学生TA |

バッターボックスに立ち続けろ!

こんばんは、学生サポーターのメガネです。

さて、私事ですが、メガネの出勤日は今日で最後になります。

最後のブログで紹介するのはプラダを着た悪魔です!

実は一番最初にブログを書くとなった時、「ショーシャンクの空に」と迷っていたのがこの作品でした。

一番最初のブログはこちら

37ce0691-3cb0-4aac-beed-2feb291cdb94.jpg


















序盤の早いストーリー展開と出てくる人たちの華やかさは、これぞトップブランド!と思わせてくれます。

そして中盤になると、はじめは見ている観客と大差ないような恰好をしていた主人公がどんどんとオシャレで自信溢れる女性になっていきます。

特に同じ道を歩いていく途中でどんどん服が変わっていくあのシーンを覚えている人は多いのではないでしょうか。


一番最初のブログを書いた後、部長?局長?みたいな方が僕のブログを褒めていたと聞いたときは嬉しさももちろんありましたが、思ったより大人の人に見られているんだなと緊張もしました。

それでも、デスクにいる方々や職員の方、ここでアルバイトをする他の学生サポーターのみんなから褒めていただいたり、感想をいただくことでブログを書き続けることができました。

振り返ってみれば、最初のブログよりもいいな!と思えるものが数本できましたし、文章を書くということへのハードルはここでアルバイトを始めた頃よりもずっと下がった気がします。

はじめは不格好でも、繰り返していくことで少しずつ自分らしさを形作っていく。

そうしてできた自分らしさが次の新しいことに挑戦する勇気をくれる。

最後に、いつも私のブログを読んでくださった読者のみなさん、本当にありがとうございました!これからの学情ブログにも期待していてください!

追伸 ここでの経験をもとに、インターネットの片隅で物書きを続けようと思うので、もし何かの縁で見つけた際はよろしくお願いします。

(学生サポーターメガネ)

2024年1月18日 学生TA |

【新着DVD】ディズニー マイエレメント

こんにちは!ニコルです😸

2024年になって初めてのブログとなります!今年もどうぞよろしくお願いします🐉

                                      

1月の新着DVDがたくさん届いたので、今回はその中からひと作品紹介してみます。

マイエレメント

マイ・エレメントを視聴 | Disney+(ディズニープラス)

【あらすじ】

火・水・土・風のエレメント(元素)が共に暮らすエレメント・シティ。 様々なエレメントたちが共に暮らすエレメント・シティで、アツくなりやすくて家族思いな火の女の子エンバーと涙もろくて心やさしい水の青年ウェイドが出会う。その気になればお互いを消せる性質を持ち、全てが正反対の意外なふたり。近くて遠い 正反対のふたりの出会いがどんな奇跡の化学反応を起こすのか?

                                              

昨年の夏に公開された映画ですが、短い予告が発表されたときからとても気になっていた作品でした。実際に鑑賞したら映像も美しく、世界観も唯一無二で面白かったです!
                                                        

火・水・土・風・・・の元素の中でもは少しばかり厄介なのかなと思います。

意図せず木を燃やしてしまったり、小さなであれば風で簡単に消えてしまったり、、、

人間には必要な元素でも、自然界においてはメリットがあまりありません。邪魔者扱いされるといった要素が、この世界での格差となって表現されています。そんな元素を、本作ではエンバーという女の子が担っていました。

川口春奈さんが演じるエンバーは、最初こそ癇癪を起しやすい血の気が多いキャラクターでしたが、ウェイドとの出会いによって少しずつ変化していきます。

玉森裕太さんが演じるウェイドは、本当にかっこよくて涙もろいのに自分の信念はちゃんと持っていてとっても好きなキャラクターです。

この、正反対なふたりだからこそ、惹かれあったのではないでしょうか。

のふたつをフォーカスした作品でしたが他の元素ももっと深掘りしてほしい...!想像力も搔き立てられる映画でした。

エンバーの成長が私の中での見どころです。ぜひご覧ください!

                                       

                                      

DVDはデスクトップPCで手続き不要で観られるようにもなりました!

ぜひ、4階学術情報センターの新着コーナーをチェックしてみてくださいね。

2024年1月17日 学生TA |

おすすめの春休みの過ごし方

こんにちは、学生サポーターのメガネです。

今回はいつもとは少し趣向を変えて、もう間近に迫った春休みの過ごし方について大学4年生の視点から反省や取り組んでよかったことを少し綴ろうと思います。

まず告知です!

図書館の本は1月16日以降に借りると、4月12日まで!何冊でも!借りることができます!

最長3か月!いっぱい借りよう!

IMG_3758.JPG

告知終了!


ここからは本題である春休みの過ごし方について、個人的な経験などに基づいてお話ししようと思います。

まず、やってよかったと思っていることをずらずらっと書きます。

1.青春18きっぷを使ってゆっくり四国まで一人旅行

2.1週間読書

3.友達との旅行



春休みは皆さんご存じの通り、大学生で最も時間の融通が利くタイミングです。リゾートバイトに出稼ぎに行ったり、海外に行ったりなどの、遠くに長期間行くことを前提とした経験はこの時期に積むのが良いと思います。

個人的には4泊5日でいった「青春18きっぷ四国の旅」は楽しかったです。ちょっと疲れますけどね。私はこの旅で三宮、神戸、倉敷、今治、道後、大阪にいってきました。

これだけ移動してトータルの交通費が1万2千円なのは嬉しいですね。

次によかったと思っていることは1週間読書です。要するに1週間ごとに読む本を変えるってことです。読み終わってなくても。

「本読もうとするあるある」だと思うんですけど、面白そうな本を見つけても、「でも今はまだこの本を読んでる途中だからこれを読み終わるまでは我慢!」って思って、結局どっちも読み終わらないっていうやつ。ありますよね?

1週間読書はこれの解決策です。先に1週間ごとに読む本を決めてしまって、読み終わってなくても1週間過ぎたらルールとして次の本に進むようにしてしまうわけです。

僕は結構このシステム良かったなぁって思ってます。1週間っていう単位とかは各々の読む速度に合わせて調整してみてください。コツは普段読み終わるペースの半分にすることです。

春休みで暇なのに読まないなら多分今はあんまり読みたいと思ってないんですよ。必要ならそのうちまたどこかで手に取ります。人生は円環するらしいので。

最後が友達との旅行ですね。まぁ、言われなくてもすると思いますけど。

1つだけ4年生っぽいこと言うと、最近の就活では証明写真以外の写真、もっとラフな自分の写真の提出が求められています。例えばESにこんな設問がありました。

番あなたらしい写真を貼り、写真の説明、それを選んだ理由を教えて下さい」 サントリー食品インターナショナル

答え方は一つじゃないですけど、とりあえず自分が楽しそうにしている所を収めた写真が1枚はないとつらいです。

特に男性諸君!君たち普段写真撮らないんだから旅先でくらい楽しそうな写真を撮ってもらいなさい!あとでそんな写真ないって泣きついても先生知りませんからね!

あと、旅先は有名な所に行きましょうね。そこのメガネかけた君!「旅行 定番」で調べて出てきた候補をすぐに選択肢から消すのはやめなさい!全部行ったことないんだから!




今度は逆にやらなくても良かったかもなぁってこと、これはやるべきじゃないなってことを書きます。

1.夜更かし

2.過度なバイト

3.焦燥感に煽られただけのインターンシップ




大前提、うまくいくったことも失敗したことも全部経験なんで、興味があるなら全部やっといた方が良いと思います。ただまぁ『わらわは先達者と同じわだちを踏みとうない!』という強い覚悟をお持ちの方は是非参考にしてください。

まず、早く寝ましょう。そして早く起きましょう。人間の尊厳は早起きすることで保てます。人間をやめたくない方、早く起きましょう。

早く起きるには早く寝ないといけません。早く寝るためにはその日のうちにやりたいことを早めに終わらせる必要があります。早めに用を片すためには計画的な行動が求められます。

早く起きるという目的を達成するということは、ひいては自分の毎日の、日々の過ごし方を見直し、自分の理想とするリズムを見つけ、身体に刻むということです。

一時的にできなくてもいいので、まずは1日、理想の24時間を過ごしてみましょう。そのうちその経験が生きてきます。人生は円環するらしいので。

好きなことをするには大概お金がかかります。それはそうです。自分が好きになるようなものを誰かが作ってくれているんですから。あなたは近所にある土にいくら払いますか?

好きなことを追い続けるとお金がかかります。追い続けると1回あたり、1つの商品にかける金額も大きくなりがちです。

高いものを買おうとして、バイトを増やして、普段のお金を切り詰めて、熱中することはいいことですが、過度にアルバイトに傾くのは、僕の経験上良くないです。何事にも適切なバランスがあります。

大きくなってきて、ちょっと身の丈に合わないかもなって思ったら潮時です。金で買えない楽しさを見つけましょう。金で買えない楽しさはすぐそばにあるので潮時になるまで深く考える必要はありません。

ほら、土ってどこにでもあるでしょ?

そのうち、いつか、きっと。その言葉を信じましょう。焦る必要はありません。興味が毛ほどもないのに不安だからというだけの理由でよくわからん会社のよくわからん業務をタダで引き受けるようなことはしない方が無難です。焦らず今やりたいことをやりましょう。

そんなのんきなことが言ってられるのは暇だからです。のんきなことはいいことです。どうせ100年ぐらい生きます。僕の親は50歳ぐらいですが、人生100年時代という仮定が正しければ、僕の親でようやく人生の折り返し地点です。25歳あたりで生まれた息子が4年制大学を卒業するまで見届けてようやく半分です。

僕も含めてみなさんはまだ4分の1程度しか生きていません。焦らず好きなことをしましょう。心を殺してわざわざこちらから死神に挨拶をする義理はありません。

最後に、途中でも書きましたが、失敗も踏まえての人生経験です。特に大学4年間で思い残すことはありませんが、しいて言うなら、海外とか行ってみたかったですかね。

社会人になってお金貯めたら行きます。どう転んでも行先は未来しかないので、忘れ物をしないように春休みを思い思いに過ごしてくださいね。

(学生サポーター メガネ)

2024年1月15日 学生TA |

パソコンの仕組みを知ろう!

こんにちは!ひつじです🐑

現代社会では必需品ともいえるパソコンなどのコンピューターですが、ほとんど毎日触れるにもかかわらず、それらのしくみや壊れた際の対処法などを知っている人ってかなり少ないのではないでしょうか。万が一故障してしまったりした際に、慌てないためにもほんの少しでもパソコンなどの機器への理解を深めておく必要があるのかもしれません。

ということで今回は最近新たに学術情報センターに仲間入りした新着本のなかからおすすめの一冊を紹介しようと思います。

今回私が紹介するのは理解するほどおもしろい!パソコンのしくみがよくわかる本です!

2024011001.jpg

「パソコンのしくみ」と聞くと難しい本だと感じる方もいるかもしれません。

しかしこの本は、「パソコンが壊れた場合の対処法」や「購入時の注意点」など、私のようなパソコン初心者が普段からパソコンに対して抱きがちな疑問や、ウイルスや情報漏洩対策の方法などの発展的な知識がQ&A形式で解説されており、普段から読んで知識をつけることはもちろん、何か気になることがある際には辞書のような使い方もできるのが魅力的ですね😸

少し目を通してみたのですが、図や文体が簡潔ですらすらと読み進めることができました^^

みなさんもこの本でパソコンマスターを目指しましょう~

この本の他にも沢山の新着本が入荷しましたので是非学術情報センターまで足を運んでみてください!

IMG_3753.JPG

2024年1月11日 学生TA |

個人的Best Movie 2023

こんばんは、学生サポーターのメガネです。

今回は、前回の「個人的Best Book 2023」に続き「個人的Best Movie 2023」の紹介です!

栄えある受賞作品はこちらです!

トップガン・マーヴェリック

31998-1148-bae826215e843003f78e05698aacbc91-1920x1080.jpg

実はこの作品、以前にも紹介したことがあるんですが、いまいちいい文章が書けなかったので、今回改めて書きたいと思います。前回のブログはこちら

前作『トップガン』において、アメリカ海軍の中でも少数のエリートのみで構成されたチーム「トップガン」でパイロットとして活躍したピート・"マーヴェリック"・ミッチェルのその後を描いたのがこの作品になります。

本作ではマーヴェリックはプレイヤーではなく、教官としてトップガンに参加し、様々な制約があり困難なミッションをクリアに導いていきます。

前回、この映画でブログを書いた際、なかなかうまく書けず、こんなに好きなのになんで上手く書けないんだろうと思っていたんですが、日を改めて向かい合ったことで少しわかったことがあったので、少し書いてみようと思います。

まず、この作品はとにかくテンポが良いところが魅力だと思います。

ジャンルはアクションということになっていますが、熱いラブロマンスもありますし、泣けるヒューマンドラマもあります。

そうした話も全てマーヴェリックという人物を中心に組み立てられていて横道的なのがないのもテンポの良さに繋がっていると思います。マーヴェリック抜きで話が進むみたいな瞬間がないんですよね。

でも、それなのに、マーヴェリックが話す時間はとても短い。主人公として仲間を鼓舞したり、夢を語ったり、自分の心の内を明かすみたいな瞬間がほとんどないんです。

マーヴェリックは長年海軍に所属し、実績も上げているのに、未だにパイロット、プレイヤーでいることに固執しています。

マーヴェリックは同期で、すでに海軍大将になったアイスマンにこう話します。「ここにしか居場所がない。」

不器用で頑固で口下手な彼のことを多くの登場人物はすでに理解していて、それをくみ取ったうえで彼が輝ける舞台を用意してくれています。

何度思い返してもこの作品はマーヴェリックが最高にカッコいい物語だと思います。

でも、もう少し広く物語の世界を捉えるとマーヴェリックという不器用な背中でしか語れない男を先頭に導くために背中を押していた人物が沢山いたんだなぁと思いました。

特に前作から引き続き登場するアイスマンはその最たる人物だと思います。

絵のよさばかり語るのではなく、時には額縁の良さにも語れる、そんな広い視野を持った大人になりたいですね!

この作品も学術情報センターで誰でも無料で観ることができるので、ぜひ見に来てくださいね!

(学生サポーター メガネ)

2023年12月27日 学生TA |

個人的Best Book 2023

こんばんは、学生サポーターのメガネです。

今回は、昨年に引き続き「個人的Best Book 2023」を開催したいと思います!2022年の個人的Best Bookはこちら

栄えある受賞作品はこちらです!

アンディ・ウィアー著 プロジェクト・ヘイル・メアリー

61KNqlUzmIL._AC_UF1000,1000_QL80_.jpg
























作品自体は2021年に刊行されたのですが、2023年についにこの大学の図書館にも収蔵されまして、それをきっかけに私も読みました。

ジャンルはSF小説で、表紙を見ても分かる通り宇宙に行きます!

ただ、分かります。SF小説、しかも海外の人が書いてるってことは名前がデイビットとかエドワードでカタカナだらけなのに、よく分からない高エネルギープラズマだのアウター・リムだのが追加されて何が何だかわからないよ!という、その気持ち、わかります。

ただ、この小説はちょっと違うのです!

確かに、上巻のはじめ50ページ、いや70ページくらいはちょっとSFに慣れていない人はううっとなるかもしれません。

でも、そこを抜けたらまず登場人物がほぼ3人になります!わかりやすい!

さらに、主人公が元教師という設定もあって状況やこの先何をしたいのかをかなり丁寧に説明してくれるのでムズカシイ専門用語もあまり出てきません!うれしい!

そしてなんといってもこの広大な宇宙での出会い!熱い!

あまり話すとネタバレになってしまうのでこれ以上は言及しませんが、かなりSFや普段小説を読まない方にも読みやすいうえに、とても面白い物語なので是非図書館で借りてみてください!

次回は「個人的Best Movie 2023」を投稿する予定です!お楽しみに!

2023年12月26日 学生TA |

インターネットは分断されたがっている

こんばんは、学生サポーターのメガネです。

今週、学術情報センターに新たな新着本が届きました!

IMG_3738.JPG



展示場所は入ってすぐ右側です!

年末仕様の黒板アートとも必見です!








今回はそんな新着本の中から『LinkedIn活用大全』をご紹介します!

614JZWsMlPL._AC_UF1000,1000_QL80_.jpg























みなさんは"LinkedIn(リンクトイン)"ってご存じですか?

LinkedInとはSNSの一種で、アメリカでは2人に1人が持っているほどの人気を誇っています。

このアプリの特徴は「ビジネス×実名文化」というところでしょう。

現在、人気のSNSというとTwitterやFacebookなどが候補に挙がると思います。

それぞれの特徴を整理するとTwitterはバズることで多くの人にアプローチができるものの、情報の信ぴょう性が低いというデメリットがあります。

また、Facebookは実名かつ知り合い中心のネットワークのため、炎上やフェイクニュースなどを介することはできませんが、自分たちのコミュニティの外側にいる人とつながるハードルが高いです。

一方でこのLinkedInは原則実名である点や所属が公開されることから情報の信ぴょう性が高いうえに自分の投稿を未だ見ぬ誰かに届けることもできます。

情報の仕入れ先をテレビや新聞などの一部の媒体に依存していた時代は、少数の人々によって構成された自由で開かれていたインターネットの世界へと変わり、そして現在は以前のテレビや新聞にあたるポジションをYoutubeやTwitter、Googleなど一部のメディアがほぼ独占するという状況に変わりました。

しかしこの状況も永遠に続くわけではありません。

インターネット上での誹謗中傷や罵詈雑言に嫌気がさし距離をとる人もいれば、SNS中毒が問題視され規制する動きも出てきています。

その一方で、メンバーシップなどで同じアプリの中でも特定の料金を払った人しか参加できないコミュニティやDiscordのように、そもそも招待がないと参加できないコミュニティなどが増えています。

1つのアプリケーションの中にほぼすべての日本人もアメリカ人も韓国人もいるという大きく開かれたインターネットは終わり、細かく分かれ分断されたインターネットの時代が訪れています。

この時代の中で秩序と開放性を兼ね備えようというLinkedInの取り組みはユニークで面白いと思います。

主な利用者がビジネスマンで、学生にとっては少し敷居が高いように感じるかもしれませんが、少し早く大人の仲間入りをするくらいのつもりでアカウント作成をしてみてはいかがでしょうか!

(学生サポーター メガネ)

2023年12月22日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(4624)

月別アーカイブ

アーカイブ

蔵書検索

他のブログも覗く

カレンダー

2024年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

コメント

最近のコメント

Entry Tag

大学公式HPへ